ここから本文です

竪穴住居と高床式倉庫の違いを教えてください!

yel********さん

2015/5/2801:15:13

竪穴住居と高床式倉庫の違いを教えてください!

閲覧数:
1,149
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2015/5/2801:21:12

全く別物です。
要するに「家」と「倉庫」です。
竪穴式住居が家で、地面を少し掘り下げた穴の上に柱を立てて植物で作った屋根をかぶせたテントのような家です。
高床式倉庫は、湿気を防いだり動物が襲えないように地面から高い位置に作った倉庫のことで、柱からネズミが登ってこないようにするための「ねずみ返し」が付いていることがあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jom********さん

2015/5/2813:26:05

竪穴住居は縄文時代の住居。高床建物は弥生時代の倉庫です。竪穴の面積も今日の四畳半や六畳位が平均で、深さは80センチ~位で、寒冷地程深く掘ります。数メートル地下を縄梯子を使います。保温は鎌倉の原理です。外気を防げます。落ち葉などでカーペットにします。高床倉庫は、弥生時代収穫した稲を保管倉庫として使いました。穀物の湿気防止と鼠除けです。稲の蓄えは王権が誕生しました。稲は命を繋ぎ子孫繁栄に繋がる「神的存在感」=稲神がやがて、ヤマト王権では高床建物が神殿となりました。弥生時代縄梯子での昇り降りが、木の階段となり、三種の神器をお供えする宝物殿になりました。並行してコメの倉庫用も共存しました。参考図書 金子好伸著「インディオの縄文人」

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる