ここから本文です

コアタイムなしのフレックス制度のため有給がとりづらい http://d.hatena.ne.jp...

アバター

ID非公開さん

2015/5/2900:42:19

コアタイムなしのフレックス制度のため有給がとりづらい

http://d.hatena.ne.jp/T_dayo/20090209/1234185537

上記のHPに指摘された問題点と同じことが当社でも起こっています。

仕事量は必ず残業が必要な量である

残業時間がたまるので、休みたいときは有給より残業時間を消費する

というのが暗黙のルールとなっており、これに反して、超過分の残業があるにも関わらず
有給を取得すると
「自己管理ができていない」
と評価され、評定を下げられる可能性もあります。

しかし会社から与えられた仕事をこなすためには、残業が必須です。
結果として有給は使用できず、当社の有給消化率は10%を切っています。

権利としての有給が、取得できない状態は我慢すべきなのでしょうか?

閲覧数:
515
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rev********さん

2015/5/2901:33:48

フレックスタイムを誤解されています。上司も理解していないのかもしれません。
始業と終業の時刻を労働者が決めるのがフレックスタイムです。コアタイムのないフレックスタイムでも出勤してこなければ休暇か欠勤にしかなりません。おっしゃるようなことがあるとすれば、例えば9時に始業して、9時1分に終業するようなことが必要です。

年休取得率が低いのは、フレックスタイムのせいではありません。業務量が多いか、生産性が低いかのどちらかです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/5/2923:04:24

    ご返答ありがとうございます

    当社ではコアタイムなしのフレックスタイム制を導入していますが、全員9:00~17:30までは半強制的に出社時間になっています。

    実質、有給を消化されるとその分多くの残業代を支払わなくてはならないのでフレックスを導入して、休む時は残業時間を使用するような暗黙のルールとなっております。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

絣袢纏さん

2015/5/2921:25:23

リンク先も3度読み返してみましたが、コアの有無に関係なく、フレックスタイム制に対する年次有給休暇の有り方を、労使ともども超誤解してるだけでしょう。

協定をみてください。法定事項として「標準となる一日の労働時間」を定めておかねばなりません。年休使用したら、その時数がその月の労働時間に加算されます。たいがい8時間で協定してあるでしょう。月給制ならリンク先を引用するに、ベースの160時間のうち、8時間が年休日の分です。よって割増し対象残業は20時間のままです。

将来罰則付きで、使用者に年最低5日(年20日付与の25%)年休強制消化を義務付けますので、すこしは改善させる方向に動かないことには。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる