ここから本文です

天皇家は本当に初代から万世一系なんでしょうか? なんか武烈と継体の間あたりが...

sak********さん

2008/2/311:56:39

天皇家は本当に初代から万世一系なんでしょうか?
なんか武烈と継体の間あたりが怪しいと思うんですが。
皆さんのご意見お待ちしております。

閲覧数:
13,480
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ann********さん

2008/2/315:47:15

「万世一系」というのは科学的なものではなくて、
精神的な考え方なんですよ。天皇はもうどうにもならない位に「格別な存在」である為には、
「世の始まりからずっと日本に君臨していた」という考えをするのは大変に有効なのです。

当初は、もしかしたら天皇家の為に作られた幻想だったのかも知れません。
(私は疑い深い性格なんで、案外、記紀に書いていることは正確であると思っていますが、それは余談)
しかし、日本史を見ていくと、この「万世一系」から来る天皇の権威が、日本人の命を何万も救っています。
例えば、戦国末期。秀吉や家康は天皇の権威を利用して天下を統一しました。
逆に地方の大名達も天皇の権威を口実に、天下人の傘下に入る事を承知しました。
その江戸幕府が滅びる時も同じです。通常、あんなタイミングで内戦をはじめれば、列強の植民地になります。
現に英仏は日本の内戦長期化を睨んで、日本を植民地にする機会を狙っていたフシがアリアリですよね。
あるいは、前の大戦の終結。政府・軍は徹底抗戦に染まる中で、天皇が無理矢理に近い形で鈴木内閣を作り、
御前会議でも天皇は強権を発動、戦争を終結させました。色々、意見は有りましょうが、それも事実の一面です。

つまり。
質問者さんの言う「武烈と継体の間あたりが怪しい」というのは間違いないのですが、
それとは別に「万世一系」は、次の国家的危機に備えて残しておいた方が良いかな・・・と思うわけです。

無いにこした事は無いのですが、
いつかまた。天皇の権威で何か大きな悲劇を回避する日が来るかも知れません。
室町時代後期…天皇を知っている庶民なんか居なかった位、天皇家は生活に困っていたそうです。
明治時代黎明…天皇を知らない庶民の為に、明治帝は行幸を行い「顔見世」をしたそうです。
今、我々は天皇の権威なんて考えずに生活していますが、だからと言って天皇の権威をもう使わない訳では無いのです。
それこそ、歴史が証明している通りであると私は思っているのですが……。

質問した人からのコメント

2008/2/6 23:07:30

降参 大変参考になりました。皆さんご意見ありがとうございました。

「万世一系」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sdx********さん

2008/2/323:41:51

武烈と継体はもう別人でしょうね。
「万世一系」なんて言葉が神話的ですよ。

たとえば、ヨーロッパには処刑されたキリストの血を浸した布とかが聖遺物として残ってたりしますけど、それが本物かどうかは怪しいものです。でも信仰の立場からすればそんなことは考えないわけです。

それと同じようなもので、「万世一系」も天皇崇拝の信仰の証みたいなものでしょうね。


もちろん私は信じてませんけど。

aoi********さん

2008/2/312:35:01

武烈、継体の他にも怪しいと思われる天皇がいますが、
深く考えずに、万世一系を素直に信じましょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる