ここから本文です

損益分岐点を求める公式がなぜこういう公式になるのかが分からないので教えてくだ...

can********さん

2015/5/2919:05:01

損益分岐点を求める公式がなぜこういう公式になるのかが分からないので教えてください。

例えば、月商売上100万円、固定費50万円、変動費30万円の場合、会計素人の私としましては損益分岐点は80万円じゃないのかな?と思ってしまうのですが、損益分岐点を求める公式は、

損益分岐点売上高 = 固定費 ÷{(売上高 − 変動費)÷ 売上高 }

なので、50÷{(100-30)÷100}=71.43となりまして損益分岐点の公式で考えれば71.43万円です。

しかし、固定費と変動費で80万円ですから、実際に月商71.43万円でも、8.57万円の赤字になってしまいますよね?

しかし損益分岐点とは利益が0円のときの売上高(売上高がこの額を超えれば利益が出て、この額を下回れば赤字というときの売上高)じゃないですか。

この差異(「公式の考え方」と「現実の黒字赤字の境界線」)が理解出来ませんのでご教示ください。

閲覧数:
127
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syu********さん

2015/6/118:06:04

固定費は常に一定で50万円です。

しかし、変動費は売上と比例して変わります。

売上100万円のとき、変動費は30万円です。

売上71.43万円のとき、変動費は21.43万円です。
(71.43×0.3=約21.43万円)

つまり、
>固定費と変動費で80万円ですから、
というのは誤解です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/6/3 23:09:34

ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる