ここから本文です

トマト、ナス、ジャガイモは全てナス科ナス属ですが、見た目はかなり異なります。...

fnc********さん

2015/6/209:25:03

トマト、ナス、ジャガイモは全てナス科ナス属ですが、見た目はかなり異なります。このような違いはなぜ起こるのでしょうか?
原産地と何か関係はあるのでしょうか?
疑問に思って調べてみたの

ですが、見つからなかったので質問させてください。

閲覧数:
503
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

koj********さん

2015/6/215:58:34

現在はDNAなどを比較できますが、それに頼らなくても花や実の構造を見るとよく似ています。
外見といっても瑣末な色形ではなく、共通する構造に注目すれば、近縁であることに納得がいくと思います。
ナス科のなかでナス属は、実が液果で、花冠が浅く、雄しべは花糸より葯のほうが長い、といった特徴があります。

  • koj********さん

    2015/6/216:28:24

    違いについては、種分化して時間がたてば次第に差が生じると思います。
    また、栽培品種として改良されて起きた変化もあるでしょう。ナスの原種(Solanum incanum)の実は丸い形でジャガイモに似ています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる