ここから本文です

アルコールによる心神喪失は認められず、 他の薬物による心神喪失は認められ、 ...

アルコールによる心神喪失は認められず、
他の薬物による心神喪失は認められ、
殺人罪が適用されたり、されなかったり
ということの合理性はどこにあるのでし
ょうか?

閲覧数:
98
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kwgnx349さん

2015/6/322:13:13

現状はもっとヒドイです。
シラフで犯罪を犯すより飲酒していたほうが罪が軽くなります。

有名人がタクシー運転手を暴行した事件などは特にそうです。酔っ払って何も覚えていないと言えば許されてしまうし社会も追求しません。
コレがもしシラフだったらどうでしょう?暴行も許されないし精神病扱いで叩きまくられるハズです。

酒が絡んだ事件や事故が年間でどのくらい起きているのかわかりませんが物凄い数だということは間違いありません。事件にならないだけで家庭内の暴力などに泣いている人も多いでしょう。
対して覚せい剤使用で逮捕された人間のほとんどは単純にそれだけで逮捕されており傷害事件も器物破損も起こしていません。何度も捕まる常習犯でさえ他の犯罪傾向が見られません。
こういう矛盾に対してまともな説明が出来る人がいるならお目にかかりたいものです。

私は薬物依存者をよってたかって社会から抹殺するような日本の風潮やそもそも犯罪で取り締まるやり方が世界基準から大きくズレていることに疑問を感じています。

質問した人からのコメント

2015/6/6 07:25:19

お二人とも、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2015/6/321:46:07

それは貴方の思い込みです。心神喪失とは、精神疾患に基づく精神機能の障害により、自己の行為に対する責任を負わせる事が出来ない状態をいいます。このために心神喪失者は刑事責任を問われることはなく、責任無能力者(刑法39条1項)となり、民法7条の後見の対象となる人で、民法713条で不法行為に対する責任を問われない。と規定されています。
また、1931年の大審院判決では、心神喪失とは、精神の障害により、事物の理非善悪を判別する能力が無いか、または、その弁別に従って行動する能力がない状態を言う。との記述があります。精神疾患による心神喪失者であるかどうかは、精神保健指定医が精神鑑定を行います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる