ここから本文です

大学生以上、またはその世代に詳しい方 お願いします。 私は今年の春から大学生...

you********さん

2015/6/1115:00:02

大学生以上、またはその世代に詳しい方 お願いします。

私は今年の春から大学生になり、地元を離れて一人暮らしを始めたのですが、新生活を始めて約2ヶ月、だいたい2週間に一度くらいのペー

スで体調を崩し(頭痛、熱発、下痢など)たり、ちゃんと食べている(1日3食+間食)のに一月で体重が3キロ落ちるなど、バイタルの乱れが大きいように思われれ、不安を感じています。

高校生の頃は、健康体とは言えないまでも風邪をこじらせるのはせいぜい季節の変わり目くらいで、体重も平均を保っていたので、親元を離れたことで何か体に良くないことをしてしまっているのではないかと考えています。

その手の体調変化について思い当たることや、健康に関するアドバイスなどお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
97
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2015/6/1216:51:08

昔から「季節の変わり目に持病が悪化する」「雨が降ると古傷が痛む」などと言われるように、季節や天気の変化と健康の間には深い関係があります。一般的に人の体は季節や天気の変化に合わせて調整する機能が備わっていますが、この調整機能が不充分な場合にはいろいろな心身変化が起こり、病気にまで進行してしまうことがあります。
日本の四季にはそれぞれに特有の病気があります。一定の季節になると発症する病気を「季節病」といいます。春の花粉症や夏の熱中症をはじめ、秋の食中毒、冬のインフルエンザなどが季節病にあたります。
これに対して、日々の気象の変化によって発症したり、症状が悪化したりする病気を「気象病」といいます。別名「お天気病」ともいいます。天気が崩れる前に症状が出やすい喘息や、低気圧で症状が現れる関節痛などが気象病にあたります。
ここでは、「季節病」と「気象病」について、それぞれの症状を和らげる食べ物を日常的に取ることで自律神経を上手にコントロールし、症状緩和が期待できます!
夏は陽射しが強く、体力の消耗も激しい上、暑さで食欲が落ちる季節です。そのうえ近年のヒートアイランド現象や地球温暖化により暑さは年々厳しさを増す一方。この時期は、夏特有の慢性疲労である夏バテや熱中症などの季節病に注意が必要です。
お体におきおつけてくださいね。

  • 質問者

    you********さん

    2015/6/1802:25:06

    丁寧に回答していただき、ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる