ID非公開

2015/6/5 5:02

77回答

40代SE、男性です。専門職希望なのに管理職を強制されて苦しんでます。 とある地方都市のソフトウェア開発会社で働いています。 30代の妻と、幼稚園児1人を養っています。

40代SE、男性です。専門職希望なのに管理職を強制されて苦しんでます。 とある地方都市のソフトウェア開発会社で働いています。 30代の妻と、幼稚園児1人を養っています。 大学卒業以来、ITエンジニア(SE/PG)として働いてきました。 客先常駐ではなく自社開発です。 ソフトウェア開発の仕事は好きです。 また、最新のIT技術を勉強するのも好きです。 つまりは、専門職志向です。 昨年、当時の上司が親会社に転籍となり、管理職ポストが空きました。 その際、当時の上司と社長から、管理職への昇格を打診されました。 私は、管理職タイプではない旨を主張して固辞しようとしましたが、 「他に適任が居ない」と強引に説得され、仕方なく受けました。 管理職となり1年がたち、 ・親会社との交渉ごと ・原価管理 ・言うことを聞かない部下の扱い 等々、わずらわしいことばかりです。 睡眠障害にも陥り、数ヶ月に1回、心療内科に通院しています。 胃腸の調子も常時悪いです。 とはいえ、年収は上がりました。(額面550万円→650万円) そこで、今後のことですが… a.このまま管理職として定年まで頑張る →心身の健康が… b.強く希望して管理職を免除してもらう →他に適任者が居ないのは確かなので通らない可能性大 →希望が通らなかった場合に居づらい c.専門職として働ける会社に転職する →年齢的にどうか… アドバイスをよろしくお願いします。

転職1,122閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

男40なら管理職(課長級)へ就任は義務かと。自分の思い通りには社長でも個人事業主でもいきません。

ID非公開

質問者

2015/6/8 23:15

貴重なアドバイス、ありがとうございます。 参考にさせていただきます。

その他の回答(6件)

0

もう結論は出されているでしょう。 実際問題として、妻子がいる現状ではa.以外のチョイスはないはずです。 年収が低いとかいう人がいましたが、相対的な問題であり650万円が多いと思われる人もいます。あのような乱暴な回答は無視されることです。 >等々、わずらわしいことばかりです。 細部(詳細)がわかりませんが、子供のようなことを言われています。普通のことではないですか。心身の健康が―と泣きが入っていますが、同情できません。もっと大変な人は沢山います。 このまま管理職として定年まで頑張れるかなんて、誰にもわかりません。関係会社に飛ばされるかもしれませんし、リストラされるかもしれません。もちろん、役員になるというようなことも考えられます。 自分に与えられた仕事にベストを尽くす-それ以外にサラリーマンのやることはありません。 時間の無駄です。 仕事をしてください。

0

え~!?40代の管理職でたったの650万円!? やっぱりソフトウェア会社って給料激安なんですね。 一般企業なら、軽く1千万円は超えます。 まず、40代以上のSE/PGはどこの企業も求めていません。 若い力と発想が重要だからです。 適正のない管理職を続けるのも無理でしょう。 部下にはボロクソ言われ、上司にもボロクソ言われ続けるだけです。 30代半ばまでに他業種に転職すべきでしたね。 もうどうにもなりません。

ID非公開

質問者

2015/6/8 23:43

貴重なアドバイス、ありがとうございます。 参考にさせていただきます。

0

根っからのエンジニアが対面するジレンマのひとつですね。 モノづくりが好き、システムが好き、だからエンジニアになったのに。 35歳過ぎると現場のエンジニアから管理職へのシフトを打診される。 まさにSE35歳定年説を、じでいってますね。(質問者様は40代ですが) さておき、SEには生涯技術を追い求めてフリーエンジニアの道を選ぶ方法もあります。 何人か、そういった方をみてきました。 質問者様も、ご自身の技術に自信があるなら、その道を進んでみてはいかがでしょう。 ただし、奥様の理解(と、ある程度の貯金)が必要となります。

ID非公開

質問者

2015/6/8 23:43

貴重なアドバイス、ありがとうございます。 参考にさせていただきます。 プログラマー35歳定年説、業界全体の暗部ですね。 工学のエンジニアであれば、腕に自信が有れば、生涯、研究開発の現場と言うのは、大いにアリな気がするのですが。 今や、学生にIT業界(SI業界)の実態がばれており、不人気です。 先行き不安ですね。

0

仕事そのものをどう捉えるかの問題です。 簡単に書けば 指示されて仕事する→指示するのが仕事。 現場→1段上からの仕事→会社全体見地からの仕事 あなたは50になっても、指示されたいのですか?しかも年下から。 自負心、プライドはないのかな? サラリーマンは能力アップが義務です。 現場→管理・・・こうなるから昇給する。 自分一人ができる仕事量は知れているが、 自分が管理することで、組織全体の成果量はアップすることができる。 年下からすれば、年上を指示するのは嫌ですし・・・社長にも、あのジイサンよそへやってください。使いにくい・・・こうなりますよ。 家族を持ちながら何を言っているのか・・・ 仕事そのものは、心身を傷つけない。 仕事から来る思いが、傷つける。 思いのもとは、あなた・・・自分で自分を傷つける?・・・どうでも良いが・・・ はじめから逃げ腰で、給料ダウンを希望する人に、会社に居場所は無い。 SEで一匹狼になる・・・映画の世界みたいだが・・・現実に可能かどうか・・お分かりでは? 映画でも戦争物は多い・・・無能な指揮官が有能になっていく・・・だから面白い。 指揮官は自分に資格・素質は無いという・・・しかしそれは、現実に発揮するかしないか、そういう問題でしかない。もちろん葛藤はあるが・・・経験者が、初心者の命を守る・・・当然のこと。 やらないのは臆病者。

ID非公開

質問者

2015/6/8 23:29

貴重なアドバイス、ありがとうございます。 参考にさせていただきます。

0

定年まで兵隊というのは、経営者側からみたら仕事に対する意欲がないという評価になりますよ。 サラリーマンである以上、社歴が長くなればなるほど会社の事も考える事を求められます。 一生平社員でいたいと思っても、決めるのは会社です。 特にITは頭が柔らかく、色んな事を同時に考えられる若者に現場は任せたいのです。 中高年になれば現場から離されるのは仕方ないです。 でも管理職になる事で、平社員より守られるポジションに進めるんです。 平社員だと給料は頭うちだし、中高年でIT現役はなかなか厳しいですよ。 管理職になりたくてもなれない人も沢山います。 子会社のプロパーが管理職になれるなんて恵まれてると考え、頑張りましょう。

ID非公開

質問者

2015/6/8 23:28

貴重なアドバイス、ありがとうございます。 他に管理職適性がある人材が居ないので、会社としては仕方ない選択なのでしょう。 そこはサラリーマンである以上、割り切るしかないかも知れませんね。 ただ、叶う・叶わないは別として自分の希望を言う権利を放棄する必要は無いと思いますので、 継続的に専門職を希望しつつ、管理職を任されている間は最大限努力します。