ここから本文です

株って同一銘柄の売買を1日のうちで何度かすることは不可能なのですか?

アバター

ID非公開さん

2008/2/716:21:51

株って同一銘柄の売買を1日のうちで何度かすることは不可能なのですか?

ネットで株取り引きしています。
昨日Aという銘柄の株を買いました。
本日5万円の利益がでたので早速売りました。
本日中にAが下げてきたので再び購入しました。
本日中にさらにAが8万上がったので再び売りにだそうとしたところ「買付けの約定金額限度を上回っている」という理由でなぜかエラーがでて売り抜けられませんでした。
なぜ売るのに金額の限度額の話がでてくるのかよくわかりません。
ネット売買に詳しい方教えていただけると助かります。
よろしくお願いたします。

閲覧数:
39,491
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ado1066aetさん

2008/2/716:59:00

しばしば出てくる質問ですが差金決済取引の禁止という法律があって同日中に同一銘柄の売買は資金の範囲内でしか出来ません。
説明が面倒なので以下のリンクにある説明を読んで下さい。

http://search.etrade.ne.jp/v2/popwin/help/trade_stock_10_01.html

但し、銘柄を変えれば同一資金を同じ日の間に使い回すことは認められています。

A銘柄買い→売りを何度も繰り返すことは出来ないが

A銘柄買い→売り
B銘柄買い→売り
C銘柄買い→売り

と銘柄を次々と変えれば問題ありません。どうしてもA銘柄の売買を繰り返したいなら資金を用意しなければなりません。例えば1000万円あれば100万円の売買を10回まで繰り返すことが出来ます。


なぜこの様な法律がるのかと言えば同一銘柄の売買で資金の回転が可能だと株価操作が容易になってしまうからです。
例えば2つの口座を用意して片方の口座から買い注文、もう一方から売り注文を出し、約定したら逆に売り注文と買い注文を出すというキャッチボールをしながら少しずつ株価を釣り上げると第三者から見て何かプラス材料があって出来高の増加と株価の上昇が起きているように見えます。
出来高の増加と株価の上昇に釣られて誰かが買いを入れてくれば簡単に売り抜けて大儲けなんてことになります。だから同一日、同一資金、同一銘柄の資金回転は法律で禁止されているのです。

蛇足ですが差金決済と並んで決算銘柄の売買規定もデイトレをやろうとするなら絶対に知っておかなければなりません。以下を読んで理解しておくべきだと思います。

http://search.etrade.ne.jp/v2/popwin/help/trade_stock_10_02.html

アバター

質問した人からのコメント

2008/2/7 23:29:07

非常にわかりやすかったです。差金決済プラス資金力がなかったことが原因だったんですね。差金決済禁止の理由や、蛇足の説明とかかれていたものも非常に役に立ちました。ありがとうございました。BA以外の人達もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

micchoyonさん

2008/2/717:47:46

差金決算といってどこの証券会社もできません。
というか、そういう決まりです。
でも、違う銘柄を今日下がったので安く買って
値段が上がったら売る。ということは可能です。
違う銘柄だったらその日のうちに何銘柄でも売って買ってできます。
一つの銘柄に関しては
売る→売る
売る→買う
のどちらかしかできません。

yong_e_panさん

2008/2/716:41:35

差金決済を許すと株価が一方通行になる可能性があるからです。

area_cafeeさん

編集あり2008/2/716:35:32

たしか「差金取引」と言ったと思いますが法律で禁止されているからだったと思います。
100万もっていて、一日で
20万の買い→20万の売り→20万の買い→20万の売り
であれば、5回目まではOKです。
簡単に言えば、同じ日に売買するときは、預けてあるお金分しか売買できないようになってます。

追加
すみません。調べたら「差金決済」でした。

以下とあるHPより(http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001521.htm)
差金決済とは、現金の受け渡しをせずに反対売買の差金のみで決済すること。

株式投資において、差金決済は法律で禁じられている。例えば、100万円の資金を証券会社に入金した状態で、ある日90万円の株を買い90万円で売ったとする。そして、もう一度同じ銘柄を90万円で買って90万円で売ったとする。この時には、3営業日後の受け渡し日に180万円の買い付け代金が必要になる。100万円では足りないので、80万円を追加入金する必要がある。一方で、同じ受け渡し日に売却代金180万円も得られることになる。しかし、この売却代金で相殺しようとして80万円の不足金を入れないと、これが差金決済とみなされて法律違反となるのだ。ただし、異なる銘柄で売買を繰り返すことは、差金決済に該当しないと解釈されることになっている。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。