ここから本文です

先祖供養をしている人としていない人の人生に差はありますか? 心から先祖に感...

akki_akki_nonaoさん

2015/6/2120:58:06

先祖供養をしている人としていない人の人生に差はありますか?

心から先祖に感謝したり、供養したりしている人と、
先祖に興味がなくて何もしない人との人生に差はあるのでしょうか?

り合いに「先祖供養してればご先祖様が守ってくれるから」として、
親戚たちにメチャクチャやってる人がいますが、
そういう邪心の供養は置いといて、

ちゃんと心から先祖供養している人と、
全く興味がなくて何もしない、しても形だけやってる人と、
人生に差はあるのでしょうか?

エピソードがあれば教えて下さい。

閲覧数:
12,593
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

howtoexcessさん

2015/6/2414:53:46

50年だか何年だか忘れましたが 1家系で一人だけ墓を守る人が生まれるらしいです

実際 どうなんですかね

子供が授からない人に
墓参りをしてない人が多い気がしてならない

自分は子供の時から毎月行かされて大人になっても行ってます

ただ いい人生ではなかったですよ(笑)

親のDVと離婚
付き合う相手からのDV 事故も9回
未婚で子育てして
親の会社倒産して負債かかえ

踏んだり蹴ったりで

今は 無事結婚し
幸せ?普通な生活を送れてます

最悪な両親ではありましたが お陰で 沢山の他人様が支えてくれて 今の私がいます

幼少にご飯1つあたえて貰えず 親に毎日殴られ死ぬ死ぬと言われた私が生きてる事がいまだに 奇跡と思えてならないですね
ずっと外に出されて泣いてる私に 知らない人達がおにぎりをくれました

本当に神や先祖はいるのかと 生きてきましたが

いるかもしれないですよ

環境が悪い中 私が生きてる位なんで(^^)

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pureaikaさん

2015/6/2601:39:25

結論から。
差はないと思います。

悪いことが起きると人はとかく「あれをしなかったから」「これをしちゃったから」と自分の頭で罪悪感のあった出来事と結び付けようとします。
結果、先祖供養しなかったせいだとか、厄払いをしなかったせいだとか思い始める。

私は熱心にしていませんが、平和で幸せに暮らせていますよ。

2015/6/2601:29:48

代々まで、気の遠くなるほど遡りホモサピエンスの祖先までの供養なのか?否、もっと遡りミトコンドリアまで行き着くのか?否、多分アミノ酸を通り越えて原子核?否、量子領域の祖先供養なのかと馬鹿みたい!

nyannko_yoさん

2015/6/2414:32:15

どなんでしょうねぇ・・・・。

私も夫も先祖供養や宗教は全く興味なく、私はお墓に行った事もありません^^;
ですが親族の中にはお墓参り大好きな者もおり、事ある毎にお墓に行きます(海外出張前や結婚時、年中行事等々など)

お墓参り好きの親族たちは会社も倒産したり離婚も頻繁にしてましたので、特別恵まれてるように思いません。

人生に影響を与える場合については、お墓(参り)や先祖供養に何か力があると深層心理ででも考えてる人にとっては心理的影響を与えるのではないか???と考えています。

2015/6/2414:22:49

エピソードと言うよりも、これは私の人生観に近いものなのですが。。。

『亡くなった方を大事にされる人は、生きている人をもっと大事にする。」

亡くなった方を大事に思う気持ちの原点は、自分以外の人間に対する“思いやり”の心です。
特に、もう何の利害関係も発生しない墓の中の人を大事にすると言う事は、もう一方的奉仕に近い行為でしょう。

そのように利害関係のない奉仕や、思いやりのある行為が出来る人は、生きている人に対しても同じようなことが出来るでしょう。

だから、三段論法的に言うと。。。

先祖供養をしている人は、生きてる人も大事にする。
生きてる人を大事にする人は、自分も大事にされる。
自分が世間から大事にされれば、人生幸福になれる!

先祖供養をしないような人は、生きてる人も大事にしない。
生きてる人を大事にしない人は、相手からも大事にされない。
世間の誰からも大事にされなければ、自分の人生は不幸になる!

2015/6/2414:06:29

以下はネットの、証拠皆無な主張です。


「いわゆる先祖供養に、霊的なプラス効果は無い」


「あの世の先祖・身内・友人等に、自分の思念が届く事は無い」


「死後最初に使う身体( 幽体 )が健康な死者は、上層幽界=安全圏へ行く。

逆に幽体が不健康なら、善人でも下層幽界=低級霊の住む所に着く。

そこには、弱者を嬲る邪霊=邪な低級霊もいる


※生物同様に霊魂も、体が適応できる環境にのみ住める。

低級霊( 幽体が不健康な霊魂 )は、 上層幽界に適応不能な為、 法則で自動的に下へ行く 」


「この世に戻り、好き勝手に過ごす霊魂達もいる

※彼らの気で、 この世は霊的に穢れる一方」


「人の妬み・怒り・逆恨み・八つ当り等の念を生前に浴びると、幽体が傷つく。

重傷なら自然治癒不能」


「先祖供養を重要視していた人が、死後下層幽界に行った後、何とかこの世に戻り、『子孫が供養を怠ったから、自分は辛い目にあった』と考え、 勝手に怒る場合もある」


「霊魂の念は、人の念よりも強い」



「幽体が弱いと、思考や幽体の姿を低級霊に知覚され易い。

逆に、 高級霊魂やその部下=補助霊には知覚され難い

※肉体の眼がないと、肉体は視えない」


「悪意がなくても、低級霊の気は人の幽体に有害」


「独断で自宅に戻り、悪気も自覚もなく、 家族の幽体を弱らせている低級霊もいる」


「多くの死者は、この世に戻れない」


「所謂パワースポット・心霊スポット・墓地にたむろしている低級霊達もいる

※彼らのたまり場には、低級な気が特に多い」


「幽体の弱い人が、墓や仏壇の前で祈っていると、その念を悪戯好きな低級霊に知覚され、接近される可能性も有る」


「幽体が弱い人・修業法を誤った人に、霊能力等を得たと思わせる低級霊もいる

※知覚させる感覚・神仏や霊の姿及び言動・オーラの色等は、彼らが決める」


「身内の霊魂と見なした相手が、本人とは限らない」


「幽体は 心ではなく 身 体 な為、心の改善では治らない

※心を磨いても、 骨折を治せないのと同じ」


「幽体にとっての栄養・薬=守護霊等の高級霊魂の気




人には、幽育を無視する権利が有る。




善行・先祖供養・精神修養で、高級霊魂や補助霊に思考や姿を知覚され易くなったり、 真の霊的安全度・成長度が上がったりはしない

※心と言動が立派でも、栄養を得ないと弱るのは、肉体も幽体も同じ 」


「幽体の不調が、心や肉体の不調・傷病を招く事も 有る」



「神仏・守護霊・哀れな未成仏霊等を装う邪霊達がいる

※邪霊の玩具は、心が強く清い人達の中にもいる

宗教家・霊能者等に、無料や低額の人助けと、 質素な生活をさせ、 鴨を招く邪霊がいる

※愛・善行・感謝の大切さを玩具に説かせる者もいる」


「無知な霊魂を騙し、より下の幽界に連れ込む邪霊もいる

※標的の関係者や、 信仰対象に化ける事も」


「幽界やこの世で確実に騙す為に、標的の思考・行動・対人関係等を、この世にて何十年も観察し続ける邪霊や、その子分達がいる」


「幽界は沢山有る為、死後に自分の関係者と再会するのはまず無理」



「幽体がある程度健康な状態で死ぬと、高級霊魂か補助霊が迎えに来る。

同行すれば、 自分が行ける幽界の中で、最良の世界に案内される」


「幽体が健康でも不健康でもない状態で死ぬと、 補助霊と邪霊(かその子分)の両方から、同時に接触される可能性も有る。

どちらに同行するかは、本人が決めるしかない」


「霊的に高度な存在程、他者の自由意志を 徹 底 的 に 尊重する。

故に、人が本物の味方を信じない事を選ぶのなら、本物には何もできない
(救いたくても、救う権利が生じない」


「霊的存在にとって一番知覚しやすいのは、 自分と同レベルの霊的身体を持つ者の、姿や思念。

守護霊と低級霊の場合、幽体の成長度・健康度が違いすぎる為、互いに相手の姿も思念も知覚不可能。

故に、 高級霊魂や神に、低級霊の救済や説得は無理」


「補助霊なら、 低級霊と話せる場合も有る」



「コールドリーディング」「霊 科学 解明」 「霊感詐欺 手口」で検索なさると、 犯罪の被害に遭い難くなるかもしれません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。