ここから本文です

温室効果と地球温暖化の違いを教えてください

gtc********さん

2015/6/2123:38:03

温室効果と地球温暖化の違いを教えてください

閲覧数:
1,519
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiy********さん

2015/6/2208:51:11

水蒸気、CO2、メタンといった温室効果ガスは地表からの地球放射の赤外線の8割を吸収し、全て再放射して、その全部が下向き大気放射として地表に届きます。
この下向き大気放射が温室効果です。
温室効果は毛布と同様の働きで地表を冷えにくくしています。電気毛布のように地表を暖めているわけではありません。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/01/01080501/03.gif
熱収支図

どの温室効果ガスも吸収できない8~14μmの地球放射が正味の放射で、宇宙へ出て、放射冷却が起こります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:A...
大気通過後の放射スペクトル分布

地表温度は15度ですが、もし温室効果ガスが全くなくて、太陽放射の反射率も現在のままの30%であれば、地表温度は5500m上空の放射平衡温度と同じ-18度になります。

もし水蒸気がなくなれば、雲と南極とグリーンランドの氷床や雪、海は存在できませんから、太陽放射の反射率は月面と同じ6%になり、温室効果ガスがない時の地表温度は実際には0度位になります。

2000年まで生じていた地球温暖化100年で0.7度の温度上昇でした。
この原因はIPCCや政府、学校は人為的に排出したCO2によるものとしていますが、実は違います。

地球温暖化CO2説は1896年のアレニウスによる発表の直後からCO2を2倍にしても赤外線の吸収がほとんど変わらない実験と、同じ結果の追試を知っていた科学者達によって全く支持されませんでした。学会も長年にわたって、成り立たないと退けてきました。

今日、主流になっているのは原発を推進したかった先進各国が1980年代から科学的真実とは無関係に政治的に、また資金的に支えたからです。
科学者たちは多額の研究費を提供されて温暖化太陽説から温暖化CO2説に転んでしまい、IPCCが設立されて、御用学者と官僚による科学を装った報告書が出されるようになりました。

温暖化は1900年代後半の活発な太陽活動、現代極大期によって生じました。太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は非常に高く、0.98です。同じ時期のCO2と気温の相関係数は0.66です。
http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokablog/26721632.html

今後は太陽活動が200年ぶりにダルトン極小期並みに低下して、寒冷化し、2100年には1870年頃の気温になる見込みです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2015/6/2210:19:53

地球温暖化の原因が温室効果

chi********さん

2015/6/2206:45:33

→ → →

IPCC等は、温室効果の量が増えて大きくなって地球温暖化になると、言いたいのらしいけれど、それぞれ別個に現象を検証すべきなんだと言う事でしょう。(1)太陽の平衡放射温度(一説で255K、実は261.5K?)と、地表平均温度+288K?との差分温度を、温室効果と言って居る。(2)歴史上約100年前の平均気温と、最近の気温との差分約+0.7~0.75℃ を地球温暖化と呼んでいる。

どういう原因で地球温暖化が起きてるのかいろいろ説があって、未だ決着出来ては居ないでしょう。IPCC等はCO2等GHGsが原因だと言うけれど、今の所それは間違いなのだと言うほうが正しいらしい。別の自然起因要因での上昇分が主因なのでしょう。細目は議論の途中です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる