ここから本文です

アフターピルについて質問です。 受精卵が着床して、妊娠成立となると思うので...

sgr********さん

2015/6/2308:24:17

アフターピルについて質問です。

受精卵が着床して、妊娠成立となると思うのですが、受精から着床まで約7日~10日と言われていますよね?

アフターピルには排卵を遅らせたり、ホルモン値

?を薬で上げたり下げたりして、出血させ、受精したものを着床できないようにする薬だと認識しています。

そこで疑問なのですが、
例えば排卵前後に性行為をして避妊に失敗してしまいアフターピルを服用する場合、
着床完了までの7日~10日までに出血がなければ、妊娠成立と考えていいのでしょうか?
いわゆる安全日に服用するのと危険日に服用するのでは、危険日に服用した時の方が出血するべきタイムリミットが短いという事ですか?

分かりづらい質問で申し訳ありませんが、分かる方いましたら教えて頂きたいです。

閲覧数:
6,059
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ota********さん

2015/6/2310:13:50

私もそう思っていましたが、勉強したら違っていたようでした。

排卵前や排卵期にアフターピルを服用すると、まだ出ていない黄体ホルモンのために子宮内膜が厚くなり、数日後にアフターピルによる黄体ホルモンが無くなったために子宮内膜が流れます。つまり、服用から数日後に人為的に月経を起こさせているのです、しかもその間の排卵も遅らせますので、受精能をもった精子が待ち受けていたとしても100%妊娠しません。

排卵後であれば、受精卵の受精可能時間は排卵後6~8時間ですから、排卵後に性交があったとしても、そもそも受精できません。
排卵後に卵胞は黄体ホルモンを出して、着床に備えて子宮内膜を厚くします。
このときにアフターピルを服用しても黄体ホルモンは卵胞によって出続けていますので、むしろ子宮内膜を厚く守る働きをします。
で、卵子が受精していなかったら着床しないので約2週間後に子宮内膜が流れる・・・月経となる訳ですね。
これは自然な月経によるもので、本当はアフターピルのためではありません。
「アフターピル服用から3週間以内の出血」とは、この自然な月経を待っているのです。

しかし、アフターピルは精子を殺したり、卵管への進入を阻止するものではありません。
性交とアフターピルの服用が排卵直前であれば、精子の侵入も排卵も止めることができず、
受精してしまうことがあります。
排卵後に卵胞は黄体化して卵黄ホルモンを出し続け、さらにアフターピルの黄体ホルモンは子宮内膜を厚く守って着床を助けます。
むしろアフターピルによって着床を助け、流産を防ぐ働きをするのです。
つまり、排卵直前に限ってはアフターピルは妊娠阻止どころか、妊娠を助ける働きをするのです。

アフターピルの妊娠阻止率が95%だとしたら、いつ服用しても95%なのではないのです。
排卵直前であればむしろ妊娠しやすくしてしまう。その他の時期では100%妊娠を防ぐ。
平均して95%となるのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

you********さん

2015/6/2321:22:18

>排卵後に卵胞は黄体化して卵黄ホルモンを出し続け、さらにアフターピルの黄体ホルモンは子宮内膜を厚く守って着床を助けます。

これ、本当かな・・・
北村邦夫氏の緊急避妊とプロゲスチンという文献では
>~前略~黄体期のLH濃度の低下と黄体期の短縮は,排卵後の服用でも避妊効果を発揮する根拠となる。
と海外での臨床試験の結果とともに書かれています。

前述の資料では
「尿中LH値の上昇初日あるいは1日前にLNG750坪g×2回を投与し,4名でLHサージのピークと月経の発来が遅れ,8名では黄体期の短縮,黄体期のLH
濃度の低下を報告している。」と書かれているので、排卵直前でも緊急避妊の効果は得られていて、【排卵直前に限ってはアフターピルは妊娠阻止どころか、妊娠を助ける働きをするのです。】はデマまたは間違った解答だと思います。


質問者様、先に脱線してしまいました。
緊急避妊の主な効果は排卵の遅延や消失・子宮内膜の発育不全を促して妊娠を阻害するもので、着床した受精卵を出血によって妊娠成立させないようなものではありません。

消退出血は、妊娠が成立していない事を脳が認識し、体内のホルモン濃度が下がって初めて子宮内膜の剥離が起こります。体内のホルモン濃度が下がらないと出血が始まらないので、1週間以内に出血が起こらなくても特に不思議ではありません。下に緊急避妊後、何日後に出血が確認できたかの統計のグラフを添付します。
1週間を超えても出血が見られなかった方は比較的多いのではないでしょうか。

>いわゆる安全日に服用するのと危険日に服用するのでは、危険日に服用した時の方が出血するべきタイムリミットが短いという事ですか?
についてですが、そもそも妊娠に至る可能性のない時期がわかっている方でその時期に避妊に失敗したとしたら緊急避妊は必要ありませんし、出血すべきタイムリミットという概念はないと思います。あえて言うなら、ノルレボ服用後、最大で31日後の出血確認はありますが、何日過ぎて出血がなかったらリミットということはなく3週間経過しても出血が見られてなければ妊娠検査薬で確認が出来るという目安と言うことくらいだと思います。

>排卵後に卵胞は黄体化して卵黄ホルモンを出し続け、さらにアフターピルの黄体ホルモンは子宮内膜を厚く守って着床を助け...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる