ここから本文です

消費税率8%とか、10%とかって、 民主党政権崩壊の頃から議論が始まったんでし...

ともみさん

2015/6/2618:03:28

消費税率8%とか、10%とかって、
民主党政権崩壊の頃から議論が始まったんでしたっけ?
最初に5%から消費税率を上げると言う議論が始まったのはいつ頃ですか?

閲覧数:
370
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

akk********さん

2015/7/321:16:10

麻生太郎政権のときに当時の与謝野某の共謀して騒いでいましたね
民主党もけしからんが 全ての責任を擦り付けようとしてる自民党も糞

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

業物さん

2015/6/2713:27:02

民主政権に花形がないから飾りを込めて
民主立ち退き勧告だよ

まぁ自主退学と同じだよやり方は・・・
民主のために政治家の心得として提案しただけだよ
まぁそういう事を出来るのだから建設的に思考を持っていくことぐらい
容易だと思うけどね・・・

崩壊して何もとり得なければ可愛そうだからさ
名目だけは、維持してあげたという話

まぁその当時は、将来を見据えて策を練ってたけどもさ
結果オーライですよ
日本国の国益の観点からしてみれば

国益しか考えてませんので・・・・・
さーせん!゚+(*ノェ゚)b+゚

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ライリーさん

2015/6/2713:14:59

議論自体は2000年頃の国会でもされています。97年からの金融危機で税収が落ちて国債発行が急増していた時期です。小泉政権は構造改革を優先、いざなぎ景気が来て議論は停滞。リーマンショック後に無駄削減と手厚い給付を掲げて民主党が政権になったものの思うように財源は生み出せず批判を浴びました。自民党は参院選で財政に責任を持つとして増税を公約にし、選挙戦に勝利。これに野田政権が同調して上げることに決定しました。

ros********さん

2015/6/2622:46:49

財務省は、もう10年以上前から、消費増税を政府に迫っていたのですよ。

増税が景気を後退させるのが、分かっていたので自民党がそれを通さなかったんですね。

しかし、まあ、野田政権で民主党が財務省に負けてしまい、可決の運びとなりました。おそらく菅政権の時点で、民主党が財務省にしっぽというか弱味を掴まれていただろうという見方があります。

例えば東北大震災のときの義援金の内1000億円が使途不明と言われています。
如何にも民主党らしいと言えば、それまでですが。

iie********さん

2015/6/2621:44:34

消費増税法案は野田内閣の時に可決されました。

kil********さん

2015/6/2619:02:47

民主党が選挙公約で大風呂敷広げ財源は、無駄の廃止と埋蔵金で賄えるとか言い政権に就いたら財源全く足りず、財務官僚から消費税しか頼るものがないとの説明にあっさり納得。

間違いなく民主党政権の時ですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる