ここから本文です

公明党は設立当初、日蓮正宗を日本の国教にすることが目的だと聞きました。 勢い...

aqa********さん

2015/6/2918:48:38

公明党は設立当初、日蓮正宗を日本の国教にすることが目的だと聞きました。
勢いがついた今、それは今も変わりませんか? それとも時は日蓮正宗を選ばず公明党だけ残った形ですか?
日本会議も同じような意図があり自民党に絡んでいますか?
それと政治で国教になるということは他の全ての教えは法的に廃止、処罰対象になるということですか?

また、アメリカのモルモン教やエホバも唯一教としてアメリカで同じような活動や目的ですか?

閲覧数:
252
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jap********さん

2015/6/2919:51:16

※「池田大作・田原総一朗対談」(『中央公論』1995年4月号)より

【田原】昭和39年の11月に公明党が結成されました。そもそも公明党をつくったのは池田さんだとか。

【池田】そうだったかなあ(笑)。

【田原】『私の履歴書』にもそう書いてあります。

【池田】そのとおりです。もともとその土台は戸田会長が作りました。ただ、弁解のようになるが、本当は私は衆議院には出したくなかったんですよ。戸田会長も「衆議院には出さないほうがよいと思う。出すとお前が誤解される」と言っていました。しかし、当時の議員たちが「衆参両院なければ本当の政治はできない」と言いはじめた。だから、これも時代の流れ、社会と人心の動きというものと思い、時代に即応してゆくことが正しいと判断したものです。

【田原】公明党が結成された当時、世間では、公明党――つまり創価学会は、「王仏冥合」「国立戒壇」を目指していると言われました。これは事実ですか。

【池田】事実です。ただ、当時は創価学会は発展段階的には少年期でした。布教もしなければならないし、その上に選挙の支援もしなければならない。戦後、創価学会は戸田城聖会長を中心になって、荒廃した社会を精神的に救済するために活動をはじめたわけですが、とにかく、前進しなければならないから、ゆっくりと協議をせず進んでいたことは事実です。いわゆる台頭期であり混乱期でした。昭和39年の段階でも、それが続いていたわけです。そんななかで、深い吟味もせず、表面的な教義をとりあげて、「国立戒壇」とかの名称を使ったりした。

【田原】外野は、「王仏冥合」は政教一致、「国立戒壇」は日蓮正宗の国教化だと見てしまいますね。

【池田】世間がそうとったことは事実です。ただ、「王仏冥合」も「国立戒壇」も、もともとは仏教の言葉ですから、いろんな解釈ができる。創価学会内部で議論して、一致した解釈を打ち出す前に、言葉だけが独り歩きしてしまったわけです。「王仏冥合」にしても政教一致という意味ではない。「王」とは政治、社会、文化の次元、「仏」とは仏法の次元です。つまり、仏法の説く慈悲の心をもって政治をしよう、という意味なんです。

-------

【田原】しかし、当時の人は、政教一致と解釈していましたが。

【池田】それは外部の人がでしょう。

【田原】いえ、内部にも、そう解釈している人がいますよ。

【池田】そこなんです。たとえば、「王仏冥合」と「政教一致」については、いまでも論議されていますが、根本的に違うんです。

【田原】「王仏冥合」自体は正しいわけですね。

【池田】正しいです。「慈悲」「生命尊重」「福祉」の理念を政治に反映させようということですから。

【田原】政教一致は間違いだと。

【池田】間違いです。日本は民主主義の国ですから、政教一致は法的にできるはずない。

【田原】公明党は、もともと政教一致を目指しているわけではないのですか。

【池田】まったく目指していません。目指すわけにいかないんです。

【田原】でも「国立戒壇」というのは、日蓮正宗の国教化ですね。

【池田】それは、明確に否定しています。日蓮仏法は世界宗教ですから、国教化はそれに反します。

【田原】いつごろ否定したのですか。

【池田】公式には昭和45年です。

【田原】言論問題が起きた時期ですね。

【池田】その当時です。

【田原】で、公明党をつくられたとき、政権をとるべきだと思っていましたか。

【池田】まあ、政党である以上、そのくらいの決意がなければ、つくった意味はないでしょう。ただ、当時、政権をとるとか、そこまで高邁な決心をした人間は1人もいなかったように思える。それは、政権をとれれば、ありがたいですよ。庶民がつくった党ですから。ただ、そんな簡単にとれるわけがないと現実的に考えていました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wan********さん

2015/6/3000:56:40

それについては、既に創価学会が回答済みです。

t_o********さん

2015/6/3000:49:05

「仏の教えを政治に」を掲げていました。
腹の底では「仏教で正しいのは創価だけ。我々の目的は政権を手に入れる事」を対外的には黙ったままで。
今物議を醸している集団自衛権と同じく、本来宗教を目的とした政治介入を成すには
憲法改変にまで強行しなければ不可能です。
そのため改変じゃ無く解釈の変更、つまり宗教家が政治をするのじゃ無く政治家自身が宗教をする事には口を出させないという理屈で入り、
ゆくゆくは全てを手に入れるつもりだったのが池田大作の妄想でした。
それが言論出版妨害事件において名誉会長の謝罪と、政教分離の徹底の明言をしてそのまま世間から姿を消した事から、創価学会も公明党も「先生が言った事を守れないのか」となるため池田大作を奉じた行動が一切出来なくなります。
外面だけでも宗教色を消して動かざる得ないので、如何にすごいか正しいかという
イメージ作りに必死になるも、宗教団体の手先としか受け取られないままです。
一番イメージの悪い受け取られ方をなんとかしたいと連立に走り、
単体でいるよりメディアに取り上げられる事も増えるので、それが辞められなくなったと。
モルモン教は自宗教のみの政治活動はしておらず、後のユタ州に移動し共和党の
支持基盤です。日本で言うと金光教や天理教が近いかと。
エホバはとにかく自分達以外の巨大組織が嫌いなので、政治にも関わりたがりません。

sty********さん

2015/6/2921:48:18

日蓮正宗信徒の者です。
公明党設立時の理由は確かに、
日蓮正宗の国立戒壇建立だった様ですが、しかしこれは日蓮正宗が全く関知せず、戸田城聖氏が求めていたものでもありません。
つまり池田大作の暴走です。しかしこれは後に、日本共産党の指摘で変更されました。
日蓮正宗を破門された創価学会が、その公明党をどうしようと、日蓮正宗の関知する所ではありませんが、信仰を選挙運動に使う反社会的活動は、日本社会の癌細胞であり、何れ日本社会の自浄作用が働くでしょう。
日蓮正宗は創価学会を折伏し、その時を早く迎えさせなければなりません。
創価学会公明党が消える日が来ても、日蓮正宗が消える事はありません。

pan********さん

2015/6/2919:32:00

日蓮正宗ではありません。あくまで創価学会ですね。

この考えは、オーム真理教や幸福の科学となんら変わりません。まぁ、存続しているのは数の論理です。

要するに、当時は日興上人が興した日蓮正宗が唯一であり、今は、池田氏が牧口氏から受け継いだものを唯一正しいとする妄想だけなんです。

過去を見ればはっきりするでしょう。細川さんの日本新党、、、民主党、、、そして現在は自民党。内股膏薬・・・・あははははは。利権だけの世界です。

唯一国教という理念が有るならまだしも、今は利権だけを貪る餓鬼畜生の世界に身を委ねています。

最後に。。。。踊らされているのは末端信者ですね。

nuk********さん

2015/6/2919:20:31

間違いがあるかもしれませんが、回答します。

公明党は学会が作ったものですが、最初は戸田センセイが会員を議員にするのを目的に行動していました。
目的は、「国立戒壇」を議会の可決で作るためです。(間違っていたらすいません)
戸田センセイのあとを継いだ池田センセイにそんなものは興味が無く、師匠の遺言を捏造して衆院に進出しました。
もう「国教」なんて目指していません。
池田センセイとユカイな仲間はそんなことをやる信心なんて持っていない人達です。
学会の目的は権力の近くにいて、政治とくっ付くことです。
ある意味今の状態が「国教」といえるかもしれませんけど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる