ここから本文です

生活保護受給者が、働いていないにもかかわらず働いていると申請していた場合、ど...

アバター

ID非公開さん

2015/7/312:01:19

生活保護受給者が、働いていないにもかかわらず働いていると申請していた場合、どのような罰をうけるのでしょうか。

ネット環境のない友人から、知恵袋に質問してほしいと頼まれました。

2年ほど前から、パートで月3万円ほどの収入申告をしていたそうですが、実際は働いていなかったようです。なぜそのようなとことを?と聞くと無職の場合、毎月求職活動した内容を提出しなければならないらしく、ハローワークや求人誌へ問い合わせをするも、年齢(50歳)と小学1年生の子供がいることなどが理由で面接までいけなくて、毎月責められるようにCWさんに言われるのが辛くなった、という理由でした。
収入は減るものの、追求から逃れたいため虚偽申請をおこなったそうです。
その間、求職活動はしていて、昨年半年派遣で働いた収入がバレて、今大変なことになっていると慌てて私のところにきました。
CWさんからWワークしていたことになっているからこのままでは両方に調査に行くと言われたそうです。虚偽申請していた会社は知り合いの個人授業主で、何も言ってないからどうしようと
オロオロしています。
私も呆れましたが、生活保護に関して私はよくわからないのでどうなるかということは言ってあげることができません。
余分にお金をもらっていたわけではないのですが、やはり虚偽申請ということで、罪になるのでしょうか。
よろしくお願いします。

閲覧数:
220
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ita********さん

2015/7/318:10:28

半年派遣で働いた件については申告していなかったということですよね。
この件については不正受給ということになってしまいますね。
まぁ初めてならば警察沙汰にまではならないんじゃないですか。

働いていないのに働いていたと申告していた件についても、虚偽の申告をしていたのですから問題ですね。
結果的には過剰に保護費をもらっていたわけではないですが
働けるのに働いていないのはだめですからね。面接とかケースワーカー云々の言い訳は関係ないでしょう。わからないでもないですが、制度を利用する以上、ルールには従わなければなりません。


細かい事情までは分からないので推測ですが
その半年間の派遣の稼ぎ分を返還させられ、
今後は虚偽の申告をすれば保護を打ち切りますよという文書指示を受ける
ぐらいで済むんじゃないですかね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

wcd********さん

2015/7/407:09:00

働いて収入を得たのに無申告で保護費を騙し取っていたならば、場合によっては警察に告訴されます。詐欺罪が適用された場合、最大10年以下の懲役さえあり得ます。
しかし、逆の収入がないのに、あると申告すれば、その月は国が定めた最低限度の生活費を下回ることになり、その方は日本国民の中でも一番苦しい生活を強いらることになります。(悲惨な生活を送っているものと推測します)。この場合、保護費を騙し取った訳ではないので罪にはなりませんが、やはり、正しい収入申告をすべきであると忠告します。
日本で一番苦しい生活をされているその方が、これが原因で何かあれば、CWの指導方法等が逆に追究されて、問題化に発展することになるでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる