ここから本文です

裏千家流のお点前を熟知されている方にお伺いします。 見立ての道具で、やや大...

アバター

ID非公開さん

2015/7/721:31:37

裏千家流のお点前を熟知されている方にお伺いします。

見立ての道具で、やや大きめのぐい呑みに木地の割蓋が付いている薄器がありますが、老松棗のように蝶番がありません。

簡単な盆略で

これを扱う場合、蓋はどのように扱うべきでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,277
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyo********さん

2015/7/922:34:36

熟知と言われるとあまり自信がありませんが、回答がつかないので書かせていただきます。
まず、見立の替茶器としてあつらえたものと思われますが、割蓋にする必然性が無いように思われます。ただ、大きな蓋では面白味がないと思われてあつらえられたのでしょうかね?
ところで、割蓋の替茶器と言えば、手桶型の茶器ですかね。大きなものであれば、老松棗の扱いに準じて縦にお茶を掬う方が良さそうではあります。ただ、手桶のルールとしては、手前の蓋を向こうに重ねるのが原則です。となると、上下に二引して、手前の蓋を向こうに重ね、手のひらの上で半分廻してお茶を掬い、またもとに戻して蓋を閉めるのが良いですかね?もう少し考えてみて良い方法が有れば書き込みますね。参考になれば幸いです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/7/1311:09:59

    ご丁寧な解説をありがとうございます。
    ぐい呑みと書いてしまいましたが、正確には、江戸末そば猪口で、おっしゃるとおり見立ての道具です。
    蓋についても塗りや象牙、も考えましたが、唐木にしようと思ったところ、道具屋さんに華奢な割蓋を進められてそのようにしてみようと思ったしだいです。表千家では、家元の好みとして割り蓋の茶器があるそうですが。。。

    手桶のようなものではないので、扱いは老松に準じて、茶を掬う際に、取った右側蓋だけ下に置く方法になろうかと思いますが、二引きでいいのか、少し迷った次第です。あくまで見立ての遊び道具ですから、「これ」という決まりが無いことは承知のうえです....

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる