薄層クロマトグラフィーについての質問です 実験で、①合成着色料の入っている食品と、 ②天然着色料(合成着色料が入っていない)の入っている食品(スピルナル青、イカ墨など)

薄層クロマトグラフィーについての質問です 実験で、①合成着色料の入っている食品と、 ②天然着色料(合成着色料が入っていない)の入っている食品(スピルナル青、イカ墨など) から、毛糸染色法を用いて薄層クロマトグラフィーの試験溶液を抽出しました。 展開溶媒は、酢酸エチル、メタノール、アンモニア水を使いました。 実験結果は、 ②の天然着色料の色素は溶出されず ①の合成着色料の色素のみ、色素が溶出される という結果となりました。 ここで、疑問に思ったのですが、 どうして 薄層クロマトグラフィーでは、 ①の合成着色料の色素が溶出され、②の天然色素の色素は溶出されなかったのでしょうか? 長文ですいません よろしくお願いします

化学1,957閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

そもそも、「溶出される」という言い方がおかしいです。 溶出されたものについて薄層クロマトグラフィーで調べたはずです。 薄層クロマトグラフィーで原点から移動しなかったのであれば、展開されなかったとでもいうべきです。 展開されるかされないかに関しては、その物質の化学構造によることであり、それが天然であるか合成であるかは関係のない話です。 多くの場合、天然の色素と同じものを化学合成することはできます。少し考えればわかることですが、その場合には同じRf値になります。 化学構造に一切言及せずに、合成着色料と十把一絡げにしているのではもはや化学とは言えないと思います。

1人がナイス!しています