ここから本文です

理科の消化や吸収について質問です。 ヒトの小腸の柔毛の毛細血管はブドウ糖ア...

tah********さん

2015/7/1311:00:23

理科の消化や吸収について質問です。

ヒトの小腸の柔毛の毛細血管はブドウ糖アミノ酸無機物を吸収します。

そのブドウ糖についての説明で、

「柔毛中の毛細血管で吸収された‘‘ブドウ糖‘‘は生活活動に使われるほか、
肝臓で‘‘グリコーゲン‘‘につくりかえられてたくわえられる。そして、‘‘グリコーゲン‘‘は
必要に応じて再び‘‘ブドウ糖‘‘に分解され、血液によって全身に運ばれる。」

ってあったんですが、これってアミノ酸では言えないのですか?

そしたら、アミノ酸で、こうゆう説明したらどうなりますか?

アミノ酸は肝臓で、何につくりかえられたりするんですか?

閲覧数:
159
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ros********さん

2015/7/1406:54:38

> これってアミノ酸では言えないのですか?

言えません。
臓器の目的を考えてみましょう。
肝臓は脳のエネルギーである糖を化学的に安定なグルコーゲンに変えてから貯蔵し、1時間に6gくらいの割合で脳に供給します。
一方、蛋白質はアミノ酸にまで分解されてから小腸で吸収され、血流に入り全身に配られます。
膵臓、甲状腺、胃腸などの臓器がアミノ酸を材料に酵素やホルモンをつくり全身に配ります。
筋肉もアミノ酸をとりこんで筋肉の修復に使い、全身を巡った血液は一部が破壊されますが、骨髄がアミノ酸から血液を再合成します。
アミノ酸はこのように酵素やホルモン、蛋白質の合成に使われますが、それらは各臓器で行われます。

> アミノ酸は肝臓で、何につくりかえられたりするんですか?

肝臓はアミノ酸から自分自身の細胞をつくりますが、筋肉や血液、ホルモンなどは他の臓器が作り、余ったアミノ酸は血液中にプールされます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる