ここから本文です

ポツダム宣言受諾の際、当時の日本政府は内閣も軍部も、 さんざん議論したけど結...

kem********さん

2015/7/1421:56:08

ポツダム宣言受諾の際、当時の日本政府は内閣も軍部も、
さんざん議論したけど結論が出ず、
ついには陛下のご聖断を仰ぐに至ったと認識しています。

ではもし今、戦争が起こり、
戦局が太平洋戦争と全く同じような状況になり、
日本の敗戦が避けられなくなった場合でも、
内閣で降伏勧告を受け入れるかどうか結論を出せない場合なら、
日本国憲法下では天皇に政治的権限などないのは百も承知ですが、
70年前と同じように、天皇陛下に御聖断を仰ぐことになると思いますか?

閲覧数:
104
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

red********さん

2015/7/1422:18:58

>当時の日本政府は内閣も軍部も

すこし違います、当時は大本営政府連絡会議において、全員一致しない限り重大国事行為を決定することができない仕組みになっていたんです。

大本営政府連絡会議は総理大臣、外務大臣、陸軍大臣、海軍大臣、陸軍参謀総長、海軍軍令部総長、枢密院議長。

彼らのうち一人でも反対すると、なにも決定できない仕組みになっていたがために、小田原評定に陥っていたわけです。

現在はそのような仕組みはありませんから、普通に政府が主導して物事が決定することになります。

というか、当時の日本のシステムが明らかに異常なのであって、そういう特殊なことには普通はならないものです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

blacknoteさん

2015/7/1422:36:31

現行憲法で天皇は統帥権がないどころかあらゆる行政に関与する資格がないのであり得ない。安全保障会議の議長である内閣総理大臣が最終的な判断者でしょう。

2015/7/1422:06:31

まったくの想像ですが、今の時代でもし大本営連絡会議みたいなものが開かれたとしても、今上陛下は絶対に出席されないと思います。それくらい皇室は政治と関わってはならないということは、先帝の例からもご承知であるかと。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる