島津軍に沖田畷で 龍造寺隆信 耳川で 大友宗隣 戸次川で仙石&長曽我部 すべて釣り野伏せで負けてます。

島津軍に沖田畷で 龍造寺隆信 耳川で 大友宗隣 戸次川で仙石&長曽我部 すべて釣り野伏せで負けてます。 皆 島津の釣り野伏せを知らなかったのでしょうか 相手が退却したらわかりそうなものですが?

日本史366閲覧

ベストアンサー

0

知らないこともなかったと思います。 実際大友家の立花道雪は釣り野伏せに似た退却に見せかけた伏兵による挟撃戦術を得意としています。 敵が退却し始めたからといって、本当の退却か釣り野伏せかなんてわかりようもありません。 立花道雪は高良山下合戦で6000の大友軍を指揮して2万の龍造寺軍を釣り野伏せで破っています。 龍造寺氏は一度島津氏の釣り野伏せを見ているはずですが、それでも大友軍の釣り野伏せにハマったわけです。 しかし釣り野伏せが破られた事がなかったわけではありません。 島津義弘が大友家の角牟礼城を攻めて釣り野伏せを仕掛けていますが、 角牟礼城の守備兵は一度ひっかかりますが自力で釣り野伏せを食い破って脱出しています。 また島津義弘は豊後からの撤退戦で大友家の志賀親次より猛追を受けますが、この時釣り野伏せらしき戦術で親次を迎え撃ちますが、 親次は抜け目なく深追いをやめ、義弘の釣り野伏せは不発に終わります。 このように釣り野伏せが決め手にならなかった例もあります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:2015/7/15 22:18

その他の回答(1件)

0

家久(いいほうの)の挑発は、抜群にうまかったらしいです。 話には聞いていても、つい乗ってしまうほどだそうです。 仙石なんかは、特にそういう方面は、苦手そうです。 見事なくらい、まんまと・・・ですね。