ここから本文です

なぜトヨタのコンパクトカー(ヴィッツ・オーリス・アクア・ポルテ・スペイド・パ...

app********さん

2015/7/1923:29:25

なぜトヨタのコンパクトカー(ヴィッツ・オーリス・アクア・ポルテ・スペイド・パッソ)にはハイブリッド4WDと、4WD車にアイドリングストップ機能が搭載されないのでしょうか?

ホンダのコンパクトカー(シャトル・フィット)は既にハイブリッド4WDと、4WD車(ガソリン)にアイドリングストップ機能が設定されています。

閲覧数:
1,818
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wan********さん

2015/7/2009:23:41

コスト優先がトヨタの専売特許ですから、販売価格が上がっては売れないという判断でしょう。
リサーチもしているはずですから、間違ってはいない経営判断だと思います。
需要が明確になり、コストが見合うようになれば投入されるでしょう。

(applunebutanさんへ)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mrs********さん

2015/7/2612:19:43

以前からそのような声がたくさん寄せられておりましたが、トヨタは聞く耳持たずでした。なぜならば、FFだけでも十分すぎる利益が得られていて、更には需要に供給が追い付かないといった理由から、ムリに4WDをラインナップする必要がなかったわけです。
しかし、、、
他社からの追随により必要性に迫られ、新型プリウスにハイブリッド4WDが設定され、年内にも発売される見通しです。ハイブリッドシステムはTHS2⇒THS3になるようです。
コンパクト車についてもモデルチェンジのタイミングで順次4WDがラインナップされるものとみられます。
待ち遠しいですね。

yon********さん

2015/7/2010:08:09

ハイブリッド化+AWD化により、重量が増加するから。重量増はそのまま燃費の悪化へと繋がります、これではハイブリッドにする意味は無い。

また、ハイブリッド用の電池収納スペースを考えると、AWD化によって荷室スペースが犠牲となってしまいます。コンパクトではタダでさえ狭い荷室が、さらに狭くなってしまっては顧客は買ってくれないのは明白です。

トヨタでAWDハイブリッドがあるモデルは、このスペースをあまり気にする必要が無い、比較的大型のモデルに限られています。

フィット3では、電池がリチウムイオンで小型化されていることと、ガソリンタンクのセンターレイアウトが功を奏し、HV用に専用設計になっていることから荷室スペースを犠牲にしなくて済んでいます。

トヨタのHVは、既存のガソリン車に無理矢理システムを載せていることから、やりくりが大変なのですよ。

アイドリングストップは、トヨタのエンジンは旧式だからアイドリングストップに対応出来ない。今、これを順次新型エンジンに切り替えているところですが、ラインナップが膨大で設計やテストなどが細かいところまで手が回らないのです。

巨大企業ゆえに、小回りが効かないのは当然でしょう。この点では、企業規模が小さいホンダやマツダといった方が小回りは効くのです。

fal********さん

2015/7/2001:11:53

「作っても需要が無い」とトヨタ自動車は読んだんでしょう

実際、貴方が例に挙げたホンダ車も4WD仕様は大して売れてませんし・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる