ここから本文です

着物で“訪問着”と“付け下げ”の違いって何ですか?詳しい人教えてください。

mim********さん

2008/2/1410:52:45

着物で“訪問着”と“付け下げ”の違いって何ですか?詳しい人教えてください。

閲覧数:
76,030
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mos********さん

編集あり2008/2/1415:21:22

実家が呉服店です。

訪問着 = 仮縫いした着物に下絵を描いて染めたもの。裾・胸~肩・袖に模様がある。模様が縫い目をまたいでつながる。多くの場合八掛付で呉服店では仮縫いの状態で売られている。(例えば→ ①http://www.rakuten.co.jp/kimono-world/603371/1829439/#1410776
付け下げ = 上前・胸・袖に模様があるが縫い目をまたがない。呉服店では丸巻き(反物を巻いた状態)で売られている場合が多い。(例えば→ ②http://item.rakuten.co.jp/kimonodonya/tukesage1355-12/

訪問着と付け下げの違いを簡単に書くとこんな感じだと思います。昔は区分けが物凄くはっきりしていたようですが、近頃は非常に曖昧になっています。

例えば、訪問着でも『付け下げ?』と聞きたくなるくらいスッキリした模様のものも多いです。(↓のような)
http://item.rakuten.co.jp/kimonoichiba3/333494/
http://item.rakuten.co.jp/kimonoichiba5/288649/

結婚式などで②~④の仕立てあがった物に礼装用の袋帯を締めている方がいたとして、『②の方は付け下げ。③④の方は訪問着。』と言い当てられる人は殆んどいないと思います。
帯さえ礼装用のきちんとしたものを締めていれば付け下げも訪問着と同じように着れるのでは?と思います。

今現在は『訪問着』と『付け下げ』の違いは仮縫いの状態で売られているか丸巻の状態で売られているかだけ、と言っても過言ではないと思います。

質問した人からのコメント

2008/2/14 18:27:26

降参 丁寧なご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mad********さん

2008/2/1411:03:21

付け下げは訪問着の略式のものです。

訪問着は仮仕立てをしたきものに下絵を描くため、柄がつながって体を巻くようになっている絵羽づけ模様。
それに対して付け下げは、縫い目で模様をはずし、胸や肩、上前、後ろ身頃、袖の各所に柄が出て、着たときに全部の柄が上向きになるようになっています。

着て行ける場所はどちらも結婚式やパーティなどのおめでたい席、茶会などです。
訪問着のほうが上記の理由により華やかな場所に向いていると着付け教室では聞いています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる