ここから本文です

運送業界に転職しようと思ってる、男性ですが大変ですか?具体的に教えてください...

gon********さん

2015/7/2210:13:00

運送業界に転職しようと思ってる、男性ですが大変ですか?具体的に教えてください!軽視するわけではないですが、女性でもやってるから大丈夫だろうと思ってます。間違ってますか?

閲覧数:
797
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

i_l********さん

編集あり2015/7/2707:45:18

大型の中距離ドライバーです。

運送業への転職を検討されているようですね。

目が強く、20代であり、運転が好きならば、他業種からの転職も望みがあると思います。

ただし、決して楽な業界ではありませんし、求められるスキルも昔とは大きく違います。何より、給料にしても昔とは違い、内容に見合う報酬とはお世辞にも言えません。

運送業で大変なところを含め、経験から以下に回答いたします。

まず、ドライバーになるならば運転が好きでないと長続きは見込めません。業務の大半以上が運転に割かれます。私は兼ねてからトラックが好きで、憧れがあったために、この業界に入りました。

次に資格です。やる気があっても最低限は普通免許がなければなりません。乗務車両によっては、当然それに応じた資格が必要になります。ただ、資格を持っていても未経験者を雇用したくない(大型など)会社も多いですから、初めは2t車から始めるのが一般的です。フォークの資格も必須です。

次に、トラックドライバーには向かない性格もあります。

①挨拶ができない
②無責任
③短気で感情的になりやすい

などです。

運送業は過酷です。事前に覚悟が必要な部分は、拘束時間、休憩時間、休日などです。拘束時間は運行スケジュールによりますから一概には言えませんが、客先が決まっているルートなら時間も規則性がありますが、客先が決まっていない場合はバラバラです。12時間拘束が一般的ですが、フリーなどの長距離は1日中走りっぱなしもあります。運行スケジュールによっては休憩時間も5分がやっとといった事も珍しくありませんし、食事も時間があれば停めて食事したり、走りながら食べたり、食べなかったりもあります。休日は周一が一般的です。ただ、中型や大型では1週間やそれ以上帰ってこれない会社もあります。

フォークの資格があれば、使える会社もありますから積み卸しも楽ですが、なければ取得するか、手積み手卸しの会社になります。冬でもケース物を何百ケースを手積み手卸しすれば汗びっしょりになります。腰も悪くなります。体力的なことを考えれば、30代を超えたらトラックドライバーの道は諦めるべきです。殆どの方が20代からトラックドライバーをしています。眠い時に寝れないのもこの仕事では当たり前ですから、目が強くなければつらいです。

大変なのは積み卸しだけではありません。運転も大変です。たまに客先やこの業界を知らない方から「トラックドライバーはいいよね、運転だけしてればいいもんね」と言われますが。私からすれば、間違った空想話です。普段、普通乗用車しか乗らない方が分からないような部分にも神経を使わなければなりません。短気で感情的になりやすい方は、まず不向きです。

荷物の積み込み方も、簡単なようで実は大変なのです。毎日決まった荷物であれば慣れもあります。しかしフリーなどは荷物が毎回違います。ゲテモノ(梱包されていない荷姿)だってあります。ベテランだと荷物を見て直ぐに積み方が頭にイメージできます。積み方も発進時、制動時、コーナリング時などのバランスを考えて、どこに何を積むか、エサ(緩衝材)をどう入れるか、壊れ物ならラッシングはどうかけるかなど、様々な神経を使います。

客先などの対応にも神経を使います。基本である挨拶が出来ないとトラックドライバーは勤まりません。客先も感じが良い方ばかりではありません。初めての客先でルールを聞いても対応が冷たかったり、リフトマンの方が自分より明らかに年下で横柄な態度でも、我慢をしなければなりません。とにかく愛想よく挨拶できれば問題ありません。免許があれば誰でもなれる時代ではもうないのです。

仰る通り、昨今は女性のトラックドライバーが増えてきました。背景には若いドライバーが不足なため、女性がより働きやすい環境作りをしてあげようと言う会社や地方の取り組みがあります。私の女房も元大型ドライバーでした。女性のトラックドライバーが好まれる一因には、女性らしい細かな気配りがあります。荷主が好む理由もこれです。これは男性には真似できない部分でもあります。質問者様は女性に出来るのだから自分にもとお考えですが、これは主観的な考えです。実は男性よりも女性の方がガッツがあります。同じ年代(当時26歳)の男女を私が面接したことがありました。資格、やる気を考慮し、のちに社長が
採用しました。入社日こそ1週間ほど差がありましたが、女性は長続きし、1年弱ほど頑張ってくれましたが、男性は2週間半ほどで退職しました。理由は体がエラいからでした。女性が運送業会で精一杯頑張るのは、男性を凌ぐだけのガッツがあるからなのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hol********さん

2015/7/2315:19:10

運送業っていうのはあなたが思っている以上に大変ですよ。
会社によりますが繁忙期は飯を食う時間は5分とないです。

それにただただ忙しいわけじゃなく体力的な辛さと安全性を求められる精神面の辛さが同時にきます。

運転しなければ終わらないが、次の場所へ電話しなければいけない。
しかし国道や高速を走っているため停まれない。あなたならどうしますか?

今のような時期は荷台の中は平気で50℃くらいはいきますから
その中で荷崩れしないように荷物を整理し、中にはものすごく重いものもあります。
たとえば本の配送でひと箱25キロの箱を100箱一人で納品しなければいけないときもあります。
それが表にしかトラックをとめれなくて裏の倉庫へ入れてくれ。なんてこともあります。
そしたら時間がかかるので急がなければいけませんが傷をつけたら弁償なので会社への損害になります。
傷をつくのは商品だけではなく納品先の家屋や納品経路に止まっている車両など様々です。

会社によってはドライバーが全額買取りをする場合もあるので
分割の支払いになるとは思うけど1ヶ月分の給料が飛ぶなんていう会社もあります。
それでやめていく人も大量にいるので出入りが激しい会社もたくさんあります。

しかしそうでもしないと利益を出せないような運送会社が大量にあるのが現実です。

運送業はハッキリ言っておすすめできません。
朝6時に出勤して20時に上がってまた6時に出勤する
あなたはできますか?
世間からは届けるだけだろという認識は一生変わることはないと思います。
だから遅くなってもこいよ。なんでこれないんだよ?と平気で言われます。

まったく違う方面に向かっているときに言われても困りますよね。
だから長時間労働になってしまうんです。

mac********さん

2015/7/2210:19:02

遠距離は二日または三日間がかり、中には1週間出ずっぱりというのもありますから大変ですね。
近距離でもクロネコや佐川などのセールスドライバーになると繁忙期はなかなか家には帰れません。

今は空前の人手不足ですから、大きな名の通った会社に入るチャンスがあります。
小さな会社だとボーナス無し、退職金無しの歩合になりまして、不安が多いのですが、大手は厚生福利がしっかりしてます。

https://www.hellowork.go.jp/servicef/130020.do?action=initDisp&scre...

インターネットハローワークで探してみてはいかがですか?
たくさん出てます。

mog********さん

2015/7/2210:16:52

大変か大変じゃないかの感覚があなた次第なので何とも言えませんが 大体の事って慣れればなんとかなりません?
どんな事でもなれるまでは大変なのではないでしょうか・・・。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる