ここから本文です

減価償却費について 取得価額1000000円、耐用年数4年の設備の減価償却費を定額法...

sun********さん

2015/7/2409:30:43

減価償却費について
取得価額1000000円、耐用年数4年の設備の減価償却費を定額法と、定率法によって計算。

なお、定額法償却費0.250、定率法償却費0.500、償却保証率0.12499として、耐用年数経過後も利用は続けているとする。

この問題について、定額法の1~4年目、定率法の1~4年目の減価償却費を教えてください

補足http://keisan.casio.jp/exec/system/1339479951
このサイトで計算したのですが、減価償却費は、償却限度額のことなのでしょうか?
会計学初心者でよくわかりません教えてください<m(__)m>

閲覧数:
421
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tri********さん

2015/7/2410:30:32

取得価額1,000,000円

1年目償却費の額500,000(帳簿価額)500,000
2年目償却費の額250,000(帳簿価額)250,000
3年目償却費の額125,000(帳簿価額)125,000
4年目償却費の額124,999(帳簿価額)1
125,000×0.500=62,500<124,990=1,000,000×0.12499
調整前償却額62,500円が償却保証額124,990円に満たないので、改定取得価額(注)に改定償却率を乗じて償却費の額を計算します。
(注) 改定取得価額は(1,000,000-前年までの償却費の合計額=125,000)です。
125,000(改定取得価額)×改訂償却率1.000=125,000
「別表第十 平成二十四年四月一日以後に取得をされた減価償却資産の定率法の償却率、改定償却率及び保証率の表 」を参照すると改定償却率は1.000とわかりますので上の式に代入。
しかし
期首帳簿価額-1(124,999)<改定取得価額×1.000=125,000
従って4年目の償却費の額は124,999。

  • tri********さん

    2015/7/2421:31:07

    償却限度額というのは、会計上の概念ではなく税務上の概念なのですが、この場合、
    償却方式 定率法
    端数 切捨て
    取得価額 1,000,000円
    耐用年数 4年
    初年度使用月数12ヶ月
    定額償却率0.250
    定率償却率 0.500
    と入力すると上でお示ししたのと全く同じ計算結果が出ます。
    税法上の償却限度額を会計上の当期償却費の額として計算すれば問題はありません(会計上の償却費は、税法上の償却限度額を基準にして計上されるのが一般的ですので(逆基準性))
    定額法の償却率を2倍した償却率が定率法の償却率となります(200%定率法)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる