ここから本文です

仏教世界において 仏教をしらない外国人は 輪廻をくらかえしてるのですか? キ...

sen********さん

2015/8/1808:29:46

仏教世界において
仏教をしらない外国人は
輪廻をくらかえしてるのですか?
キリスト教のとか

閲覧数:
71
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ハママツさん

2015/8/1809:11:58

>仏教世界において仏教をしらない外国人は輪廻をくらかえしてるのですか?

それはないでしょう。


そもそも、「輪廻転生」とは、古代インドにおいて、異民族(シュメール人)がインドの大衆を安いコストで支配するために考え出したインチキなアイデアです。

古代インドに武力で侵略し、征服者となったシュメール人は、当初、圧倒的な武力で支配しましたが、「武力で征服を続けるためのコスト」は経済的に大きな負担になるので、それを軽減するため、「身分制」をつくり、「身分制を正当化し、反乱が起きないためのインチキなリクツ」を考え出したのです。→そのリクツが、「輪廻転生」です。

バラモン教は、「誰も、輪廻転生から逃れられない。」と説きました。それに対し、ブッダは、「誰でも、輪廻転生(というインチキ)から逃れられる。」と説いたのです。



ちなみに、
しかし、ちょっとややこしいのは、ブッダは、人々に対し声を大にして、「輪廻転生はインチキだ。」とは説かなかったことです。→もしそんなことをすれば、ブッダは、バラモン階級から「体制を揺るがす危険人物」と見なされて捕らえられてしまったでしょうから、これは当然でしょう。


また、ブッダは、しばしば、相手と1対1になって説法したと言われています(対機説法)。これも、「相手を見ずに、むやみやたらと真実を説いてしまうとブッダ自身に命の危険があるため、相手の修行の進み具合を見て慎重に説いた」からでしょう。

  • ハママツさん

    2015/8/1809:34:17

    補足するとすれば、
    ブッダは、「苦しみは、無明(根源的無知)が原因である。」と説いています。

    →言い換えれば、
    「輪廻転生とは、異民族であるバラモン(特権階級)が人々を支配するために考え出した、インチキなリクツである。それを理解すれば、来世にはもっと良い身分に生まれることができるだろうか…というつまらないことに苦しめられることなどなくなる。」

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sty********さん

2015/8/1823:55:50

日蓮正宗信徒の者です。
仏教思想を学び、因果・道理・筋道を弁えられなければ、四聖=声聞・縁覚・菩薩・仏界の道は開かれず、『六道輪廻』を繰り返します。
これは仏教の基本定理と言って、『対機説法』の中でも、変わる事の無い統一理念です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる