ここから本文です

<分散分析>分散分析では各水準の分散は等しいということを仮定しています。 分散...

stld1212さん

2015/9/523:31:45

<分散分析>分散分析では各水準の分散は等しいということを仮定しています。 分散が等しいのか不明の場合は t 検定するしかないのでしょうか。

閲覧数:
91
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iguchi_yuさん

2015/9/605:43:04

等分散を仮定できなければ,Welch分散分析を適用します。最近では,ごく普通の方法です。私の研究室ブログを参照してほしい。

Welch検定が主流,単純t検定やANOVAは時代遅れ:Statwingの話題から
http://laboratoryofbiology.blogspot.jp/2013/12/welchtanovastatwing....

質問した人からのコメント

2015/9/8 22:26:53

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kguoukさん

2015/9/602:20:22

>分散が等しいのか不明の場合は t 検定するしかないのでしょうか。
t検定は、平均値の差の検定をするのが目的。分散と直接の関係はありません。

>分散は等しいということを仮定しています。
検定の出発点は、帰無仮説。帰無仮説では、等しいと仮定します。仮定ですから、等しいとは限りません。
分散分析では、
等しいと仮定したが、
それでは矛盾することを確率的に証明し=「有意差あり」
⇒分散が等しくないことを示します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。