ここから本文です

高3の受験生なのですが、錯イオンとは何なのか、授業で習ってないので教科書読ん...

aka********さん

2015/9/2211:34:53

高3の受験生なのですが、錯イオンとは何なのか、授業で習ってないので教科書読んでもよく分かりません。簡単でいいので教えてください。

閲覧数:
181
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xoo********さん

2015/9/2211:54:17

錯イオンというのは金属イオンの周りに数個の分子やら
陰イオンが配位結合することで生じるイオンの事です。
錯イオンの例を二つ挙げると
まず、[Cu(NH₃)₆]²⁺(テトラアンミン銅(Ⅱ)イオン)という物が
あります。これは銅(Ⅱ)イオンの周りにアンモニアが六つ
配位結合することで生じる錯イオンです。
次に、[Zn(OH)₄]²⁻(テトラヒドロキソ亜鉛(Ⅱ)酸イオン)という
物があります。これは亜鉛イオンに水酸化物イオンが
四つ配位結合して生じる錯イオンです。
ここで、亜鉛イオンの電荷は+2なのに対して水酸化物イオンの
電荷は-1でありこれが4つもあるので
(+2)+(-1)×4=-2
となるためこの錯イオンの電荷は-2となります。
また、電荷が負(マイナス)になる錯イオンには酸を
錯イオン名中に入れます。

一応、錯イオンの名前の付け方を大雑把に書くと

(金属イオン名の前に)配位結合している
イオン・分子の数を書く、この際に数は
2つ:ジ、4つ:テトラ、6つ:テトラ
として表す。


配位結合している分子・イオンの数の次に
その分子・イオン名を書く。
この際にイオン・分子名は
OH⁻:ヒドロキソ
CN⁻:シアノ
H₂O:アクア
NH₃:アンミン
として書くので注意。


金属イオン名を書く。この際に金属イオンの酸化数を()内に
ローマ数字で書く。


錯イオンの電荷が負であるなら金属イオン名の後に酸を付ける。

①~④を元に[Fe(CN)₆]³⁻の名前はどうなるかというと

CN⁻が六つあるのでヘキサ。

配位結合しているイオンはCN⁻なのでシアノだから、
ヘキサシアノ

中心の金属イオンは鉄(Ⅲ)イオンだから
ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)

錯イオンの電荷は負なので酸が付くから
ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸イオン
となります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/9/23 13:34:08

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ric********さん

2015/9/2211:47:46

金属に配位子が配位結合して一つのイオンとして振る舞ってるようなものですね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる