ここから本文です

再質問です 時間外労働の質問です。時間外手当は全額もらっていますが。

kur********さん

2008/2/2822:41:42

再質問です 時間外労働の質問です。時間外手当は全額もらっていますが。

時間外労働について教えてください。残業と休日出勤で一年間に540時間でした。

時間外労働について教えてください。残業と休日出勤で一年間に540時間でした。

内訳は残業が400時間休出が140時間でした。知人から残業が限度の時間を超えており労基法違反だよと言われましたが本当なんですか。
いったいどのようなことで違反ですか。基準を教えてください

閲覧数:
2,970
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ele********さん

2008/2/2900:10:51

法的には、1日8時間、週40時間のいずれかを越える時間が時間外労働と呼ばれます。
例えば会社の定時労働時間が7時間だったとして、その日に9時間働いたとした場合に、
会社からは定時労働時間を超えた分(=2時間分)を残業代として支給してもらえると
思いますが、法的にカウントされる時間外労働時間は1時間になります。
つまり、残業代が支給される時間=時間外労働時間とは限らないのでご注意ください。

次に時間外労働の上限規定についてですが、労働基準法では基本的に法定労働時間
(1日8時間・週に40時間というのがそれです)を超える労働は認められていませんが、
労使間で(つまり労働組合と会社の間で)労働基準法36条に基づいた時間外労働協定を
結んで、労働基準監督署に届け出た場合には、一定の範囲内で時間外労働が認められます。
この協定というのが36協定と呼ばれているものです。

36協定により認められる時間外労働の上限時間は、年間だと360時間、月間だと45時間と
定められており、それを超えると違法にあたります。

ただしこれには例外処置が存在し、業務上の突発的な理由によって臨時的に労働時間が
増えた場合、別途「特別条項付き協定」を結んで届け出ることにより、月に最大50時間までの
時間延長が認められます。ただし、その回数が年に6回以内になるようにするとか、いろいろ
細かな制約があります。

いずれにしても、特別な協定書とかを書いた覚えが無いなら、労働基準法に違反したまま
運用している可能性がありそうです。私の会社の場合、月の時間外労働が40時間を越える
場合は、個別に協定書を書いて提出することを求められています。
「特別条項付き協定」については私も良く分かりませんが、↓このへんのサイトが参考に
なると思います。
http://osaka-rodo.go.jp/joken/jikan/aramasi/gendo.php

質問した人からのコメント

2008/2/29 08:20:12

感謝 非常に良く理解できました。それにしても専門的で監督署の人みたいですね

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sue********さん

2008/2/2822:54:04

労働基準法36条に規定される三六協定(さぶろくきょうてい)に違反している可能性がありますが、残業代を受け取っている時点でで残業については同意をしたと看做される可能性があります。インターネットのような不確かなところではなく、やはり法律専門家に相談されることをお勧めします(残業が多くそれも難しいでしょうが、それはあなたの頑張りがどうしても必要な部分です)。

yos********さん

2008/2/2822:49:08

あまり詳しくないので正確ではないかもしれませんが、

普通の会社では三六協定というものがあり(労働基準法の中のひとつ)、一般の会社では1年で360時間までの残業までが基本です。

そう考えると、残業だけで400時間ということは36協定に違反していると思われます。
ただ、これはあくまで一般的な考えであって、会社により、一年で450時間とかなってるかもしれません。(そんなんはないと思うけど)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる