ここから本文です

下記の土地に係る路線価方式による普通借地権の相続税評価額は40,000千円である。

furukawa0042さん

2015/9/2822:03:35

下記の土地に係る路線価方式による普通借地権の相続税評価額は40,000千円である。

正解 →❌

普通借地権の相続税評価額は「自用地評価額×借地権割合」で計算される。
{250千円×1.0×(20m×20m)}×60%=60,000千円


質問です。なぜ60%が選択されるわけ?あと1.0はなに?

60 000千円,普通借地権,相続税評価額,40 000千円,路線価方式,路線価,借地権割合

閲覧数:
165
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cta50657さん

2015/9/2823:46:27

計算式に説明をつければ以下のようになります
{ [路線価]250千円×[奥行価格補正率]1.0×(20m×20m)}×[借地権割合]60%=60,000千円

図の250Dの250は、1平方メートル当たりの路線価を千円単位で示し、Ⅾは借地権割合60%を示します

路線価とは、広すぎず、狭すぎず、奥行に関しても浅すぎず、深すぎずといった標準的なサイズの宅地を想定したものです
奥行価格補正率はその奥行に関する補正率ですが、このケースでは標準通りの1.0となっています

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。