ここから本文です

厚生年金保険料は適用事業所で被保険者となる形で働いていれば70歳まで支払わなけ...

one********さん

2015/10/418:10:05

厚生年金保険料は適用事業所で被保険者となる形で働いていれば70歳まで支払わなければなりませんが、厚生年金基金の掛金はどうなりますか?

閲覧数:
219
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2015/10/510:33:15

厚生年金基金は、国の厚生年金制度の報酬比例部分の代行を行うものです。国の代わりに行うのですから、加入上限年齢については国と異なる基準を用いることはできません。

従って、国の代行部分である基本部分については、国と同じ70歳まで加入し70歳まで掛け金を支払うことになります。

国の代行部分を超えて基金独自に行う年金部分の掛け金は、基金ごとの規則によるでしょうから基金に確認すればよいでしょう。

例えば、以下の基金では、独自部分(加算部分)は、65歳までとしています。

http://www.sk-nenkin.or.jp/F_qa/f02.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる