ここから本文です

ケトン体が利用される仕組みがよく分かりません。

ben********さん

2015/10/1422:00:01

ケトン体が利用される仕組みがよく分かりません。

文献などを調べたところ、糖不足時に糖由来のオキサロ酢酸が不足することによってTCA回路において、余ったアセチルCoAがケトン体生成に回されると書いてありました。そしてそのケトン体は他の組織でアセチルCoAに変換され、他の組織のTCA回路で再利用されると書かれていました。
しかし、他のどの組織でも糖を摂取していない場合には糖不足であり、他の組織にアセチルCoAとなるケトン体を回しても、どのみち糖不足によるオキサロ酢酸不足でTCA回路が回らないと思うんですが、どうしてケトン体が生成されるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

閲覧数:
2,061
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2015/10/1707:46:23

アセチルCoAはオキサロ酢酸と結合してクエン酸となり、それがTCA回路で代謝されてまたオキサロ酢酸になるので、一般の組織(糖新生を行わない)ではオキサロ酢酸の不足は起こりません。
ところが、糖新生を行う肝臓(他に腎臓でも)では、オキサロ酢酸を糖新生にも消費し、糖不足になると糖新生が亢進するので、「TCA回路にとってのオキサロ酢酸不足」が起こります。オキサロ酢酸が完全に不足してしまうと糖新生そのものもできなくなってしまいますが、体蛋白の分解によって生じた糖原生アミノ酸がオキサロ酢酸を供給してくれ、糖新生は続行できます。しかしTCA回路にとっては、アセチルCoA(糖不足によって糖由来のアセチルCoAは減りますが、血糖値が下がってインスリン分泌量が減るので中性脂肪の分解が促進され、中性脂肪由来のアセチルCoAが増えます)と等量のオキサロ酢酸がないとアセチルCoAが余り、それがケトン体合成に回ります。合成されたケトン体は肝臓で利用されずに放出され、筋や脳などで利用されます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる