テラフォーマーズが大好きです!

雑談308閲覧

回答(5件)

0

ゴキブリは使わないけど植物の排出する二酸化炭素を有効活用するとか聞いたことある

0

テラフォーマーズのようなことは実際は起こらないとおもいます。確かにね火星への移住計画(テラフォーミング)はありますがM.O.手術のようなものはできないとおもいます。まず人間は他人の臓器を移植するだけでも成功する可能性が高くないので虫の遺伝子入れても成功はしないでしょう。

0

ネタバレかもしれませんが… 小難しい事を考える前に ゴキブリが人間型ゴキブリに進化したのは環境が厳しいだけでなくラハブが関係しています。実際起こりうるならゴキブリが2、3倍大きくなって処理が面倒ぐらいです。

0

テラフォーマーズの世界は現実には将来起こりません。 テラフォーミングは地球温暖化係数が高い温室効果ガスやCO2の温室効果を極端に誇張したもので、現実には火星の場合だと、CO2の遠赤外線吸収域の14~16μmの火星放射は既に全部、地球の16倍の濃度のCO2に吸収されてしまっていますから、CO2濃度がさらに上昇しても、寒冷な火星は温暖にはなりません。 零下40度の中で素裸にパンツ16枚重ねではいても凍死は確実です。CO2の遠赤外線吸収域は狭いので、実質的な温室効果は小さいのです。 赤外線吸収域が広い水蒸気(上記のたとえだと防寒服に相当)がたくさんないと、強い温室効果は期待できません。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Atmospheric_Transmission_JA.png 大気通過後の放射スペクトル分布 地球温暖化は2000年までは1900年代後半の活発な太陽活動、現代極大期のために進んでいましたが、その後は14年以上、気温は横ばいであり、現時点では温暖化していません。イギリス気象庁も1997年に温暖化傾向は終了したと発表しています。 http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokablog/26721632.html 今後は太陽活動が200年ぶりにダルトン極小期並みに低下して寒冷化する見込みです。 http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokablog/archive/2013/12/8 将来そうなってしまうことはありません。動物と人間のハイブリッド手術も遺伝的に違い過ぎて無理です。 植物で細胞融合が可能ですが、トマトとジャガイモのように同じ科の近縁なものでのみ可能です。