ここから本文です

売掛金の時効について。 支払うべき会社が 不渡りを起こしましたが 廃業届けを出...

pup********さん

2015/10/2811:28:10

売掛金の時効について。
支払うべき会社が 不渡りを起こしましたが 廃業届けを出さずに継続しました。
社員は全員退職しました。不渡りの約3年後、社長が病気で亡くなりました。

それから約2年間 会社はそのまま存在しており、2年後に息子が代表者になりました。
そしてその後数年が経過しています。
詳しくは、
2008年末 請求書発行、すぐに不渡り
2011年8月 社長死亡
2013年8月末 息子代表者に

誰もが廃業をしているかと思っていました。
上記の場合、その会社に誰も存在しなくても 時効は成立しますか。
不在の2年間を引くと5年は経過していません。
不在時、登記場所に会社はありませんでした。
社長存命中に請求書は出していますが
証拠がありません。

そして参考にもう一つ質問です。
不在時でも法人税は発生しますか。
詳しい方教えて下さい。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
267
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2015/10/2813:35:12

売掛債権の時効は最長で3年ですから、2011年に最終請求では
時効期間を経過してしまってますね。
ですから、請求の証拠の有無と関係なく、時効成立です。

法人税に関しては、会社を休眠登記しない限り、
毎年発生してしまいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる