ここから本文です

農芸化学(食品系)、家政学(食物学)、栄養学関係の学問分類にお詳しい方からの回答...

そうしさん

2015/11/923:58:22

農芸化学(食品系)、家政学(食物学)、栄養学関係の学問分類にお詳しい方からの回答を希望します。

大学によっては、以下のように開講科目の名称が異なる場合が往々にありますが。シラバス上の講義内容や使用する教科書をみると、たいして違いはないように感じます。

これらの名称の違いは、農学や食物学といった見る立場からの違いであって、科目そのものが目指す学問的中身としては大体同じもの(≒)、と捉えてよいのでしょうか。

①農産物利用学
類似科目:食品学、食品加工学、食品保蔵学、食品工学

②畜産物利用学 (動物資源利用学)
類似科目:食品学、食品加工学、食品保蔵学、食品工学

③農薬化学
類似科目:生物制御化学

④土壌学
類似科目:土壌資源利用論
(土壌を資源と捉え、「土壌学の基礎」という教科書を利用し、土壌の生成・機能・肥沃度などを学ぶもの)

⑤栄養化学
類似科目:栄養学(ただし、臨床栄養学や応用栄養学は除く)

⑥生物化学
類似科目:生化学

⑦応用微生物学
類似科目:微生物学(科目名称は応用を冠せずとも、使用するテキストは応用微生物学や食品微生物学であり、微生物の分類や生育条件にとどまらず、活用や腐敗その他の環境利用なども学ぶことになっている科目)

⑧生物有機化学
類似科目:有機化学(ただし有機合成や工業化学は除く。置換・付加・求核反応という基礎から、アルコール、エーテル、カルボニルなどの生体内反応とも関わりのある官能基と有機反応、アミンや糖類など)


以上、よろしくお願いします。

閲覧数:
387
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

iwa********さん

2015/11/1008:11:37

その科目の本来の性質と教えている内容とが一部ずれている場合は往々にしてあります。それはその先生が重要と考えること、得意とすることに影響されるからです。また学部、学科によって目的がそれぞれ違いますから、同じ科目名でも内容がかなり違うことがあります。例えば栄養学科での生化学は、摂取した栄養の代謝に意識が向き、医科生化学ならその先の代謝異常などが必要になります(内容の濃さも違います)。
この中で意味しているのが実質的に同じなのは生化学と生物化学、そして栄養化学と(基礎)栄養学ですね。
その他は、例えば食品学は食品の分類、含まれる栄養成分、有害成分など、食品の基礎的な面、食品加工学は食品学の知識を基に加工、というように互いに深い関係で、そのうちの一部に焦点を当てて掘り下げるという感じだと思います。
⑦、⑧なども同じように、微生物学は当然微生物とは・・から入りますから、応用面は少なくなり、応用微生物学は応用に力点があるという感じです。

  • 質問者

    そうしさん

    2015/11/1012:44:44

    早速の回答コメントありがとうございます。
    ありがたいです。
    農産物利用学や畜産物利用学と題した学術本を見ると、目次には「食品学」や「食物学」、「食品加工・保蔵学」などの学術本の目次とかなり重複しています。一方最近では後者の科目名が普及し、農産物利用学などの名称は農学部ですら見聞きしなくなったなぁということもあっての質問でした。
    この点に関しても、知見がある皆様の助言をお待ちしています。
    要は、とある資格認定を受ける際、例示科目に相当する科目も含むとなっているため、「相当する」に当たるのかを知りたかったという趣旨です。管轄官庁からは、名称が違ってもシラバスなどで内容が類似しているとすれば認められると言われています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/11/16 22:13:18

詳しいコメント、ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる