ここから本文です

かつて雪に弱い新幹線と呼ばれた東海道新幹線も雪対策が大幅に改善されましたか。

lif********さん

2015/11/1705:44:43

かつて雪に弱い新幹線と呼ばれた東海道新幹線も雪対策が大幅に改善されましたか。

閲覧数:
347
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tam********さん

2015/11/1708:04:44

開業当初からはかなり改善されました。

車両側では、100系以降で床下を一体のカバーで覆う構造として、床下の平滑化により雪の付着が少なくなりました。
地上側では、降雪区間にスプリンクラーが完備され、名古屋駅等では温水ジェットにより床下に付着した雪を落とす体制が整えられました。

ただ、盛土区間はスプリンクラーの散水量に制限があり、完全な消雪が出来ないため、徐行運転による数分の遅れは残るのが現状です。

質問した人からのコメント

2015/11/24 04:54:29

有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tan********さん

2015/11/1718:19:15

雪による大幅な遅れが少なくなったのは

設備の改善(関が原付近のスプリンクラー設置など)もあるが

気候変動によって、里の雪が減っていることのほうが大きいだろう

関西圏のスキー場に行っても、ほとんど里に雪はないからね

kag********さん

2015/11/1717:06:22

話の種に、大雪情報が出そうな日に大阪→名古屋までお乗りになったら如何ですか?

特急料金の払い戻しが受けられるかもヨ♪

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる