ここから本文です

大脳皮質(広い領野)→大脳基底核→視床→大脳皮質→? ?の部分がわかりません。...

kur********さん

2015/11/1921:26:32

大脳皮質(広い領野)→大脳基底核→視床→大脳皮質→?

?の部分がわかりません。どのようにして末梢まで伝え、運動させるのですか?

大脳皮質から次はどこへ行くんですか。

また、小脳はどのような経路で信号を送り、筋肉を運動させますか?

小脳→橋→視床→大脳皮質→視床→橋→脊髄?



運動神経?(遠心繊維)

上記の流れは私が勝手にわからないなりに考えたもので、どこかに載っていたわけではありません。
もう何が何やらわかりません。

補足今思ったのですが、大脳基底核と小脳は錐体外路系なので、そもそも脳幹である(橋)などは通らないですか?

今日先生に尋ねたところ、大脳基底核は小脳と違って脊髄を通らないと教えてくださったのですが、ではどこを通るのですか?
尋ねて家に帰ってみると、また疑問が出てきて、結局全然わかっていません。
(´;ω;`)

閲覧数:
329
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pik********さん

2015/11/2113:23:13

大脳皮質(広い領野)→大脳基底核→視床→大脳皮質→?

?の部分がわかりません。どのようにして末梢まで伝え、運動させるのですか?

大脳皮質から次はどこへ行くんですか。

>>
また大脳基底核へ行きます。つまりループです。
筋緊張維持の回路を説明します。
大脳基底核は、3つのループ回路が通ります。
①大脳皮質のうち運動前野→大脳基底核→視床→大脳皮質のうち運動前野・・・
②大脳基底核→黒質(中脳にあります)→大脳基底核・・・
③大脳基底核→脳幹網様体(橋にあります)→視床→大脳基底核・・・
このままでは3つの閉鎖回路がぐるぐるしていて脊髄前角細胞に到達しません。最後に、
④脳幹網様体→脊髄前角細胞
と繋がるので、ここで最終的に、脊髄前角細胞が筋肉を収縮させようとして出す信号の強さを調整しています。



また、小脳はどのような経路で信号を送り、筋肉を運動させますか?

小脳→橋→視床→大脳皮質→視床→橋→脊髄?



運動神経?(遠心繊維)

上記の流れは私が勝手にわからないなりに考えたもので、どこかに載っていたわけではありません。
もう何が何やらわかりません。

>>
協調運動の回路を説明します。
小脳を通る回路は、往復のような回路です。
①(行き)大脳皮質全体→小脳半球
②(帰り)小脳半球→脳幹→大脳皮質のうち運動野
大脳皮質から始まり、大脳皮質に終わるので、一応往復です。

大脳皮質のうち運動野は、随意運動の回路の始点です。
随意運動の回路は、
大脳皮質運動野→脊髄前角細胞
です。
この回路が俗に錐体路と言われる回路です。

協調運動の回路は大脳皮質運動野が終点です。
随意運動の始点に対して、協調運動が調節のための信号を送っています。自ら脊髄前角まで信号を送っているわけではありません。




補足
今思ったのですが、大脳基底核と小脳は錐体外路系なので、そもそも脳幹である(橋)などは通らないですか?

>>
上記の通り、大脳基底核を経由する3つのループ回路のうち1つは橋にある脳幹網様体を通っています。小脳半球を通る回路も橋を通っています。



今日先生に尋ねたところ、大脳基底核は小脳と違って脊髄を通らないと教えてくださったのですが、ではどこを通るのですか?

>>
大脳基底核をとおる3つのループ回路は確かに脊髄を通りません。上記の通り、大脳皮質・基底核・視床・脳幹までに収まっており、脳幹より下の脊髄はとおっていません。

一方、小脳を通る回路は脊髄を通るとの先生の指摘ですが、先生は小脳のうち小脳半球と、それ以外(小節・片葉・虫部)とをひとまとめにして小脳とする立場のようです。

小脳半球は、上記のとおり、運動機能のうちの協調運動の回路を構成していますが、小節・片葉・虫部は、運動機能ではなく平衡機能の回路を構成しています。

平衡機能の回路は、
感覚器(関節の表面で圧力を感じるところ)→脊髄(後索という区画を通る)→小脳の小節・片葉・虫部→脊髄前角細胞
です。脊髄に入って脊髄から出るようにしくまれています。脊髄反射より高級ですが、一種の反射です。
この回路の終点が脊髄前角細胞で、それが最終的に筋肉を収縮させるための信号を出すため、平衡機能を不随意運動とみなし、錐体路系の回路ではないから錐体外路系の回路だと解釈する仕方もあります。

小脳半球と、小脳小節・片葉・虫部の2つを区別しない立場だとすると、小脳半球を通る協調運動機能も、小節・片葉・虫部をとおる平衡機能も、ひとまとまりの回路だと考えます。

すると、錐体外路系には、大脳基底核を通る回路と、小脳(小脳半球+小節・片葉・虫部)を通る回路の2通りがあり、大脳基底核を通る回路は脊髄を通らず、小脳を通る回路は脊髄を通るといえます。




尋ねて家に帰ってみると、また疑問が出てきて、結局全然わかっていません。
(´;ω;`)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる