ここから本文です

16歳高校生です。 祖母が他界して、祖母がやっていた農業を継ぐ事になりました...

orb********さん

2015/12/106:18:35

16歳高校生です。
祖母が他界して、祖母がやっていた農業を継ぐ事になりました。
親は公務員で副業ができないため、
私が果樹栽培・販売をします。

(農地は父名義です)
学校に個人事業を始めようかと相談したら、許可はでました。

☆農協に出さず、個人事業を始めようと思う理由☆
祖母は無届で農業(作物を作って農協に出す)をやっていました。
しかし、二束三文で買い叩かれていました。
私は、作った作物を二束三文で買い叩く農協には出さず、
インターネットで消費者に直売しようと考えています。

さて、ここで色々問題が起こります。
問題1
まずは個人事業としての開業です。
①法務局で未成年者登記
②税務署で開業届・青色申告届
③法務局で屋号の商号登記
の流れになると思いますが、合っていますか?
また、それぞれの費用(登録免許税等)は何万円ですか?
それぞれの手続きにかかる日数は何日程度ですか?

問題2
税金の申告です。
・個人事業の青色申告書類を自分で作るのはどれぐらい難しいですか?
・申告に必要な書類は何ですか?
・申告書類作成のためにどんな帳簿を残す必要がありますか?
・個人事業の税務申告は、事業とは関係ない物もすべて申告する必要がありますか?
↑の例、贈与税非課税範囲の贈与、アフィリエイトやポイントサイトの利益、銀行預金の金利、外貨売買の為替差益、投資信託・証券等の利益

問題3
保険関係です。
現在、親の扶養(地方公務員共済)に入っていますが、
これを抜ける必要がありますか?
実は、祖母が死んでから現在まで約1年、無届で販売していました。
売上(利益ではない)は30万円程度です。
利益は小学生の小遣い程度です。
これは、税金が発生しない額に販売を抑えていたのもありますが、
実際、本気で売っても、かなり安いと思います。
バイトは扶養を抜ける必要があるのは、
所得が130万円以上ですが、
個人事業主であれば、たとえ0円でも抜ける必要があるのですか?
バイトと同じで130万円なんですか?
130万円であれば、それは売上ですか?純利益ですか?
また、母方の祖母から小遣いを年50万円程度貰っています(贈与)が、
これは130万円に何か関係ありますか?
事業とは関係ない儲け(アフィリエイトや銀行預金金利、証券利益等)は、何か関係ありますか?

問題4
個人事業をする事で、将来の大学入試やその先の就職に、
プラス・マイナスの影響を与える事はありますか?
例えば、学校の書類や、履歴書の職歴に書かれ、
それがなんらかの影響を与えますか?


人に聞くならそもそも事業をするなと言う声もあるかもしれませんが、
果樹栽培なので、事業をしない訳にいきません。

個人事業は色々ややこしいから会社にしろと言う声もあるかもしれませんが、
自分の会社で協会けんぽや厚生年金に入って、親の扶養を抜ける必要があるため、出来ません。また、法人は凄く税金がややこしいらしいです。
よって、法人と言う選択肢もありません。

最後に私のスペック(履歴書のような物)を書いておきます。
年齢:16歳
性別:男
職業:なし(高校生)
資格検定等
なし
ここまで
学歴
・中学校卒
・高校入学
ここまで
職歴
なし

志望動機(個人事業をやろうと思った動機)
・祖母が死んで、果樹栽培のやり手が居ないから。
・農業に興味があるから。

閲覧数:
1,072
回答数:
12
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kar********さん

2015/12/112:53:36

>>祖母が他界して、祖母がやっていた農業を継ぐ事になりました。親は公務員で副業ができないため

貴方の親は農業も兼業可能です。
職場で農業を兼業する旨を届け出ればOK程度。
問題無く承認される事になろうかと思われます。

参考までに、農家と兼業で役人をやってるような人は、主に地方自治の末端を担っている市町村役場の地方公務員等にかなり集中してます。

県職員にも農家と兼業している職員はいますが、県職員になるとかなり数は減りますがそれでも役所で仕事しながら家業の農家を営んでいると言うような職員はある程度いますからね。

それにね、公務員の兼業禁止でも例外規定があるので、農業等は本業に支障をきたさないレベルでは無い限りは認められてるんですよ。
だからこそ、貴方のその物言いはちょっとおかしいのでは?(・ิω・ิ)? と言う他ありません。

単に親が家業を引き継ぐのが嫌で家族らにそんな事を言ってるだけじゃないの? と言うような可能性も十分あるとも推察しますがどうでしょうね。

参考迄に、公務員の兼業禁止規定の例外に当たるような兼務可能な職業と言うのは、神社の神主さんとか寺の坊さん、後物書き等です。
良く官僚の人達が執筆や監修したそれなりの方面向けの書籍と言うのが沢山出てたりしますが、これも兼業でして構わんよとなってるから出来る訳です。

ま、高1なりたてのホヤホヤの世間知らずのガキにいきなり農家を引き継がせる等と言うような家族の頭の方がおかしいからさ、もっかい良く家族交えて良く話し合う事をおすすめしておきます。

ま、1個だけ教えておくとすれば、、
自分で商売を始めます!(・∀・)。と言うなら、そもそも今回貴方がここにぶち込んだような問いの殆どは貴方が解らないなら自力で調べまくってでも解決して前向いて進むように進めるようにしなきゃならんモンばかりです。

税金が解らん? 税務署があるんだから行くなり電話して聞くなりすれば答えに行き着けるよ。こんな所にわざわざ問いをこさえてぶち込む必要性すらない。
法務局の屋号登記が解らん? それも法務局に聞けば速攻で解る事だけだよ。(笑)

こんなレベルの不明点と言うのは問題でも何でもない。ただの社会常識でありルールでありそれが当たり前の事なのだから、問題以前のお話しでしか無いんだよ。
解るか?(笑)

そもそも、この程度なら公務員の親がいるなら親に聞け。すぐ解る事だらけだ。(笑)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nxx********さん

2015/12/309:40:08

お祖母様のご冥福をお祈り致します。
今現在、お祖母様がされていた農地は、お父様名義になっているとのことなので、もしかしたら、青色申告や登記など、未成年である質問者様では、開業できない可能性もあります。
お父様に間に入ってもらい、税務署や法務局、その他の手続きなど、一緒にやってもらった方がいいと思います。

未成年ということや、保護者の扶養内とのことなので、扶養内・・ということであれば、年収103万円を超えると、保護者が会社から支給されている、扶養手当が出なくなります。(削られます)
扶養手当は各企業により異なるので、そこもお父様に聞いてみて下さい。
130万円を超えると、社会保険が適用できなくなります。
現在、お父様の扶養内で、健康保険が使えていると思います。年収130万円を超えると、これが使えなくなります。

お祖母様から頂いていたお小遣い程度の50万円は、お小遣いなので、扶養所得とは関係ありません。
しかし、金額が大きければ相続税がかかる場合もあります。
不安なら、弁護士さんや公認会計士(司法書士)に相談し、税金のことや登記簿のことなど、教えてもらえます。
お父さんと一緒に行き、話を聞くのがベストだと思います。

non********さん

2015/12/121:47:13

下記の方々で、どなたも書き込まれていませんが、、、、。

あなたは、農業に従事しているとして登録されていますか?
毎年農業委員会に、農業従事者の届書類を出していると思いますが、これだけは、確認を。
さもないと開業届などできません。
(と、先日別件で税務署へ出かけたらこのように言われました。)

と、四角四面な事はとりあえず横に置いといて、、、、。

まずは、開業だの、税だのと面倒なことは考えず、あなたの考えている事を実行してみる。

そして、税務署に出かけて、青色申告と白色申告の申告資料を貰って、自分で勉強をする。

売り上げが増えれば、税務署に出かけて、どうすれば良いのと相談する。
親切に教えてくれると期待できる。

問題1、まずは個人事業としての開業、、。
現状では開業できないと思います。上記確認を。

問題2、税金の申告です。
・青色申告書類そのものは簡単です。
・必要な参考書類は、税務署で貰ってください。
・残す帳簿は、税務署の資料に記載あります。
-----私が興味本位で税務署の説明会に出かけたら、
-----支出、収入は、領収書を残し、日記形式でのメモも残せと言われました。

問題3、 保険関係です。
とりあえずは、抜けないで、現状のままで。
所得が、いくらになったら抜けるのか父親の職場に確認して貰って。
共済は一般の会社と違うようなHP情報なので。

売上が30万円程度なら、抜ける必要もないし、税務申告も不要です。

問題4、個人事業をする事で、将来の大学入試やその先の就職に、
プラス・マイナスの影響を与える事はありますか?

プラスにはなっても、マイナスはないと考えます。
又、面接でその経験を言えたら、プラスにしかならないでしょう。

sup********さん

2015/12/119:28:56

おもしろい子ですね
いいんじゃないですか?
金は貰うもん と思ってる人間が多い中
自分で稼ごうなんて おもしろい発想ですよ
農業に目を付けるのも正解ですね
「売るもの」が無ければ 金は稼げないんです
農業は 売るもの を 生産できる仕事ですからね
自分のうちが 果樹をやっている ということを
ビジネスチャンスだと気づくあたりいい勘してますね

さて ご質問のいろいろに関しては 他の方がおしえてくれるでしょうし
いろいろとやってみることは 貴方の将来の為に勉強になるでしょう
でもまぁ 私の意見としては いきなり なんもかんも型通りにやることもないんじゃないでしょうか?
学校行きながら ですから こずかい稼ぎ でいいんじゃないですか?
まぁ 金が欲しいのか それ以外の目的があるのか 知りませんが
なんでも 段階ってものがあります

JAに出荷したくないようですが JAに出荷できる というのは
誰にでもできることじゃないんです
貴方には むしろ させてくれないかもしれません
まぁ 貴方はそれを望んでいないわけだから いいんだけど
ネットも試してみていいでしょうし、直売所という方法もあるし
市場に直接持ち込みもいいでしょう
売る方法はありますから まぁ いろいろ試して 自分に合ったものを探し
更に そういう経験をしながら 新たな販売を試していくといいでしょう
まぁ おそらく 販売にしろ生産にしろ いろんな問題にぶち当たるでしょう
そういうことを経験していくことが大事だとおもいますよ
帳簿とか経理とか登記とか まぁ そういったこともいずれは必要ですけどね
それはまぁ 何百万も稼げるようになってから考えた方がよいでしょう
お祖母さんは 数十万 無届けでやってたわけでしょ?
貴方も そうすればいいとおもいますよ
親にもらう小遣いの金額を 自分で稼ぐってことの大変さをぜひ体験してみてください まぁ 逆に 金を稼ぐ簡単さを 貴方は 知るかもしれませんしね
わたしは 応援しますよ がんばってください

あなたの発想は正しいのです
なぜなら 人に褒められるようなことを言い出す人間ってのは
つまらない人間なんですよ 笑
否定されるようなことだからこそ やる意味があるんです

adg********さん

2015/12/112:53:11

一つ一つ簡単にいえば

問題1
個人事業の開業は開業届けだすだけなので誰でも出来ます。
登記なんか必要ありません。
税務署行って青色にするか白色にするか開業届け出すだけです。
ただ、いい加減な奴と判断されれば受け取ってもらえない
可能性はあります。
ただそれもまずはやってから言ってねって言われるだけです。
お金はかかりません。

問題2
難しいかどうかは貴方の能力次第だからなんともいえません。
算数が出来て会計ソフトと初歩的な帳簿の付け方理解できれば
誰でもできるよ。

何を残すかはとりあえず本屋行って個人事業の開業に関しての
本読めば説明書いてます。

ちなみに事業に農業に無関係とか関係ありません。
収入は全て申告書に計上する。ただそれだけです。

問題3
は収入次第です。
ちなみに30万でも厳密には申告は必須です。
ただ単に税務署が調査入る価値が無いと判断されているから
ばれていても調査来ないだけですね。
扶養に関しては細かい条件がありますので税務署に
お父さんと一緒に聞いてみてください。

問題4
犯罪や事故起こせばそれは未来永劫貴方の経歴として残ります。

よって一番の問題が責任がとれるかどうかです。

販売だけでなく色んな面で責任が発生します。
農産物は加工して売ることは勝手には出来ませんし
売ったものに対しては責任が勿論発生します。
これ会社にするとか無関係です。
まぁー会社にすれば責任範囲は限られるがまず貴方には
その設立&運転資金用意できないでしょう。
農家がなぜ農協に売るか(農産物以外でも何故問屋を通すか)といえば
その責任を農協(問屋)に丸投げし回避する意味もあるんだよ。

売った後は知らんとか大学受験だからやめたとか休むは
信用を失う行為であり社会では通じないのが事業なんだよ。
だから赤字でも事業辞められず(それは責任放棄する行為になるから)
信用を失わないために続けている商売人も多いんだからね。
この点会社がなんとかしてくれる(親がなんとかしてくれる)っていう
サラリーマンやガキの思考では全くダメです。

まぁーやってみるのはいいが
未成年のこういう行為の責任は全て親にあります。
親がそのこと理解して覚悟を持って了承しているならいいけどね。

ちなみにインタネットで売ろうという考え自体があまちゃんだよ。
現実はそんなに簡単に売れる訳ありません。
同業他社もいますし客にサイトを見てもらおうと思えば
宣伝広告費も数百万簡単に必要です。
サイト作るだけなら単純に客も誰もいない砂漠の真ん中で
露天開くようなものです。
楽天であっても(未成年者は親の承諾なしではまず無理)
怪しいガキが売っている店に客がよると思います?
それとカード決済導入も未成年者では単独では無理です。
これら全て信用と責任力の有無が関係してきます。

はっきり言えば未成年者では親の保証がなければいろいろ
難しいのです。
親が責任持ってくれるというのならいいんだけどね。
これ公務員とか無関係だよ。

その覚悟が親にも必要です。
だからまずは親にその覚悟がある前提だね。

ちなみに安易に儲かるというやつの話は信じてはいけません。
そういう奴は事業やったこと無い他者がやっている事業の
表面しか見たこと無い奴が大多数です。
本当に経験者ならそんな簡単に儲かるという言葉は使いません。
無責任だからとか騙すつもりがあるから儲かると言えるんだよ。
儲かる理由がちゃんと説明でき自分もやっている人なら
いいんだけどね。
儲け話は基本詐欺、そう疑って事業投資しなければ事業は
失敗し痛い目合うのが一般的ですしね。

wel********さん

2015/12/107:54:08

動機や意気込みはとてもよくわかるのですが、すべてを自分一人でやろうとするのは無理があります。
まず、根本的に農業そのものができるか、そこを見極めてから必要な手続きをひとつひとつ片付けていきます。
税金や保険、登記や経営については、それぞれそれを生業とする専門家の人がいます。頼めば当然お金がかかります。そのお金をかけてまでやるべきかどうかを判断するのが経営者の仕事です。

あなたは経営者と農業者の二足のワラジをはいて、さらに学業をこなそうとしています。その気持ちは賞賛に値しますが、現実的にはかなり無理があります。
ご両親や農協や同業者、各分野の周辺の専門家、それらに相談をしてしっかり見極めていく時間が必要と思いました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる