ここから本文です

アスペルガー症候群って何ですか?

nao********さん

2015/12/921:36:24

アスペルガー症候群って何ですか?

閲覧数:
12,051
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mis********さん

2015/12/1608:56:41

●(アスペルガー症候群)●

AS(アスペルガー症候群)は定義が難しいですが、対人関係や他者の気持ちの
推測力など、心の理論の欠如が主な原因とされる①社会性の障害②言語発達・
コミュニケーション能力の障害③行動の障害のことです。
知的障害および言語障害は比較的少なく、特定の分野への強いこだわりを示し
たり、運動機能の軽度な障害も見られたりするケースもあります。

AS(アスペルガー症候群)の主な特徴・症状
・共感性の欠如(他人と分かり合えない・分かり合おうとしない)
・無邪気で穏当を欠く、一方的な人への接し方(思いやりの欠如)
・友人関係を作る能力の欠如、希薄さ(面と向かって欠点を指摘したりする)
・過度に細かく、繰り返しの多い話し方
・非言語コミュニケーションの乏しさ
・特定の関心事に強く凝り固まる
・動作の不器用さや組み立てのまずさ、姿勢のおかしさ
・周りの人とはどこか違うという違和感が付きまとう
・人と親交を持ちたいのに、他の人のようにうまく行かない
・他の人のように自然に振る舞うことができない
・いじめられても、理由がわからない
・何故か話し相手が怒ってしまうことがある
・何か、他人に自慢したいほどに熱中している事柄がある
・他の人が興味を持たないことに興味を持っている
・会話をしていると、いつの間にか自分の好きな話題に会話の内容が移っている
・他の人が何とも感じていないようなことに、過敏に反応してしまう
・過去のことを異常に根に持ってしまい、思い出しては怒ったり泣いたりして
しまう
・他人に「今、何のことを話しているの?」などとよく聞かれる
・運動がとても苦手
・とても不器用
・他人の顔を判別することができない・難しい
・独り言が多い(とよく言われる)
・いつもと違うことがあると混乱してしまう
・「個性的」だとよく言われる

AS(アスペルガー症候群)の主な原因である心の理論の欠如ですが、これは必ずしも学業に悪影響を及ぼしません。
他人の情緒やニュアンスなどが分からず、言葉を額面どおりに受け取るということは、視点を変えると、事実を客観的かつ正確に理解することに長けているともいえます。
この点を踏まえて、特性に合わせてサポートできるかどうかが重要です。

具体的なポイントしては、①言葉の使い方と②指示の出し方です。
「言葉の使い方」のポイントは、否定的な言葉を避けることです。
「~をやめなさい」「~はいけない」といっても、アスペルガーのお子さんはその後
に何をすればいいかわからず、混乱してしまいます。
何かをやめさせたい場合、否定的な言葉を使うより、具体的な指示を出す方が
効果的です。
(例:勉強中だから、おしゃべりをやめなさい。→今は勉強中です。静かにしま
しょう)。
また、抽象的な言葉が理解できない場合が多いので、直接的、具体的な言葉を
選んであげる必要があります。
「指示の出し方」のポイントは、長い指示をしないことです。
長い文章で一度に複数の指示を与えると、認知できずに混乱してしまいます。
複数の指示をする場合、短い文章に分け、順番に指示を出すと効果的です。
また、一語一語をはっきりと発音すればより指示が伝わりやすくなります。

これらの点を押さえれば、AS(アスペルガー症候群)のお子さんはしっかりと
理解してくれます。一般的な学習塾や個別指導、家庭教師ではこの点がうまく
できず、勉強教えるどころか、生徒を混乱させてしまうのです。
家庭教師のコーチング1では上記の点を踏まえて、アスペルガー症候群の
お子さんとのコミュニケーションをとります。

ちなみに、アスペルガーのお子さんは特定分野へ強いこだわりを持つケースが
多く、特に順序だったもの、規則的なものに興味をひかれるお子さんは多いので
、うまく導いてあげれば数学などの分野ですごい能力を見せてくれます。
もちろん、特性は様々ですから、家庭教師のコーチング1ではお子さんの状況
を正確に分析・理解・把握し、お子さんの状況にぴったりと合ったAS
(アスペルガー症候群)対策コーチングを行い、目標達成に導きます。
*アスペルガー症候群は「言語性の障害はない」(他者と言葉でのやり取りが
できる)「IQは平均、または平均以上」「言語性の障害はないが、言葉を文字通
りにしか受け取れない」「行間やニュアンスが読めない」「コミュニケーション
に支障がある」「こだわりが強い」「相手との距離感がわからない」
「極端に不器用」などがある、大きく言えばコミュニケーションと空間認知など
の障がいと言われています。
●ASの有名人:哲学者:ウィトゲンシュタイン・発明家:グラハム・ベル・
音楽家:ブルックナーやバルトーク・画家:カンディンスキーなどがいます。
他には、物理学者のアインシュタインも、アスペルガー症候群だったのでは
ないかということで、よく名前が挙がります。
アインシュタインが舌を出した写真は有名ですが、アインシュタインは笑うと
いうことの理解が独特であったため、カメラマンに「笑って下さい」と言われて
撮られた写真がアノ写真だったという説があります。

以上を参考にして下さい。長い回答ですみません。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sub********さん

2015/12/1607:24:37

簡単に言うと、自閉症とほぼ同じです。自閉症というのはよく巷で、独り言をぶつぶつ言っている知的障害の人を見ませんか?あの人たちは知的障害と言語発達の遅れがあります。ただし、アスペルガー症候群は、言語発達の遅れや知的障害はなく、むしろ知能指数が高いくらいです。外見も、ぱっと見、障害があるなんて思われない人が多いです。

cro********さん

2015/12/1007:19:55

発達障害の一つです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる