ここから本文です

スズメバチによる被害はアナフィラキシーショックなるアレルギーによっておこりま...

riv********さん

2015/12/1119:02:57

スズメバチによる被害はアナフィラキシーショックなるアレルギーによっておこりますが、そうならスズメバチの分泌物自体には毒はないことになります。

やはりスズメバチの分泌物は一種のアレルゲンなのでそれ自身には毒はないと考えてよろしいですか。
教えてください。

閲覧数:
108
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tar********さん

2015/12/1119:15:55

スズメバチといっても、種類が多数いるので、何スズメバチかでも、分泌物の毒性は異なりますよ。
アナフィラキーショック自体は、通常では1度目では発生しませんが、スズメバチの種類によっては、1度目に刺されただけでも、毒性を発揮して、アナフィラキシーショックと同じような状態になり、命に危険があります。
ほとんどのスズメバチの分泌液は、神経へ直接刺激を与える毒性のあるものなので、アレルギーによる、アナフィラキシーショックというよりは、神経への毒性のが強いです。
ミツバチなどの場合は、毒性はほとんどないので、ミツバチに刺されて、ショック死とかだと、アナフィラキシーショックと考えて良いでしょう。
ちなみに、神経へ直接刺激させる毒性のものなので、口に傷が無いなどの状況であれば、確かに飲む事での毒性は、皆無になります。
これは、沖縄で、ハブ酒が存在していて、それを飲んでも毒性が無いのと同じようなものです。ハブの毒も神経毒になります。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pro********さん

2015/12/1119:11:18

http://t-meister.jp/hachi/lab/kikensei/
アナフィラキシー・ショックは、あくまでも二次的な症状で、蜂毒による影響は、激痛、赤血球の破壊、血圧低下、組織障害、神経障害がある様です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる