ここから本文です

助けてください! 顧問契約を結んでいた会計士/税理士とのトラブルです。(長文...

アバター

ID非公開さん

2015/12/1217:07:49

助けてください!
顧問契約を結んでいた会計士/税理士とのトラブルです。(長文です)

当方は自営業を営む法人(役員2名、従業員ゼロのまだ設立したばかりの小さな会社です)です。

記帳代行(帳簿作成)の顧問契約を結び、毎月3万円をお支払いしてきました。こちらの主張はシンプルで、税理士さんが約1年弱の期間にわたって依頼した帳簿作成をまったくしていなかったので契約違反だというものです。

約1年にわたって請求書・レシートなどを税理士さんに渡してきました。今まで経費の支出等の数字を一度も見せてもらったことがなく、質問しても、数字を見せてほしいと頼んでも「わかりました」と言われるだけで、今まで何のアウトプットをいただいたことがありませんでした。

その他、色々とおかしいところがあり、顧問契約は1年を経過する前にして解約を申し入れました。

そうすると、今までの請求書・レシート類がそのまま郵送で返却されてきたのですが、これまでの帳簿作成の記録の返却がありませんでした。

毎月3万円お支払いしてきたので、これまでの帳簿のデータは欲しいと伝えたところ、最初は「破棄した」と言われました。その後は色々と言い訳めいたことを言われたのですが、要は帳簿をまったくつけていなかったことが判明しました。

顧問契約書には、受託業務として
「記帳代行(帳簿の作成)、記帳指導(帳簿作成の指導)、決算処理(決算書の作成)」の3項目が毎月3万円の顧問料に含まれていることが明記されています(他のサービス項目はなし)。

私からは契約違反ではないか、顧問料を返還してほしいと伝えました。

そうすると税理士さんの方では、契約違反はない、むしろ当社からの契約期間中の打ち切り申し出は契約違反であり(1年契約となっています)、損害賠償の対象になると言われました。

こちらは今まで何のアウトプットをもらえなかったこと、質問にも答えてもらえないこと、
毎月3万円以外にも、見積もりもなく追加で高額請求が来ることがあり、明細を求めてももらえず、不信感が高まってきたこともあり契約を申し出、税理士さんも当初の申し出には了承していました。
(税理士さんへの報酬は自動引き落としで、高額でこちらが了承していない報酬額に関してもすべてお支払い済みです、未払いはありません。)

その後、帳簿データについて問いただしたあたりから、税理士さんからは連絡が一時取れなくなり、やっと取れた際には私たちのほうが契約違反だと言われたのです。

当方からすると、契約書に帳簿作成と書いてあり、毎月3万円を支払ってきた以上、帳簿を作成していなかった税理士さんに契約違反があると思っています。

また、帳簿作成をしていなかったなら、税理士さんは毎月3万円を何もしないで獲得してきたわけですから、顧問料の返還請求する権利があると思っています。

しかし税理士さんは認めてくれませんし、さらに契約解除申し出後の顧問料の支払いも当方に求めてきています。税理士さんは今後は弁護士を通して話すという態度です。

税理士さんの言い分が通ることがあるのでしょうか。私たちがどのように対応すべきか何かアドバイスいただけますと幸いです。

閲覧数:
1,098
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/12/1304:29:14

>>私たちがどのように対応すべきか何かアドバイスいただけますと幸いです。

貴方の話が事実であるとすれば、それは税理士の職務怠慢に当たりますから、これは懲戒請求の対象となります。

よって、相手の馬鹿がいくら弁護士を代理人に付けようが、事実関係に変わりが無いなら弁護士がついた所で責任が軽くできるような問題でも無いので、貴方は速やかに会社として問題の税理士の懲戒を請求すると宜しいかと考えます。

https://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishiseido/shobun/

後ね、懲戒請求後、民事訴訟ででも損害賠償をドーンとしてやりゃ良いでしょう。
ま、民事訴訟を提起するにしろ、このような状態だと向こうも幾ら弁護士が頑張ろうが適正な額とする損害賠償額が目減りする事は基本的にありませんから、自分達でちゃんと訴訟対応が出来るなら会社とか本人訴訟等で対処すれば足ります。

まぁ、訴状の作成等にももし四苦八苦するような状態であれば、貴方の会社もプロの弁護士でも代理人に付けて訴訟でもさせとけば宜しいかと。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2015/12/1316:14:39

    ありがとうございます。懲戒請求ですね!視野に入れてみます。
    今のところ、税理士会の支部に連絡しました。支部は税理士さんに話しをしてみるそうですが、紛争解決の間には入らないそうです。契約書があるのに税理士は認めないのが不思議であるとともに、何か抜け道があるのかと不安です。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2015/12/17 16:17:04

今回の件は、税理士さんが今まで支払った顧問料を返還するということで落ち着きました。次の手段としては懲戒請求を考えていましたが、必要なくなりよかったです。

ベストアンサーは懲戒請求についてのアイデアをいただいた方にさせていただきました。

でもどなたの意見も大変参考になりました。皆さま親身にご回答いただきどうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xcvnmadfgさん

2015/12/1302:41:36

一番良い方法は弁護士に依頼し、弁護士から『今後の交渉は○○弁護士事務所が交渉窓口です』と書類を送れば、簡単です。
万一相手方が弁護士を雇っても、弁護士同市の慣例にならった答えは殆ど同じです。
1.期末の決算書迄作成させて、契約解除。
2.他の税理士に依頼する費用を払わせる。
1.か2.のどちらかでしょうが、1になる可能性が大でしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

greentax2001さん

2015/12/1218:35:39

その税理士が所属する税理士会に相談してください。

具体的に相談してかまいません。

でも、いるんですね、、、そんな税理士。

ほんとうに税理士ですか???

そんな疑問がわいてきます。


偽税理士であれば、税務署に通告してください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oputim082さん

2015/12/1218:04:33

やっかいな税理士にあたられたのかなと思いますが、契約の内容はどうだったのか気になる点もあります。

まず毎月レシートを渡しているといっても、試算表(帳簿)を毎月出すという約束になっていたのでしょうか?

もし毎月出すという内容ではないのなら、決算の後に決算書と共に渡すつもりだったのかもしれません。
まだ決算をむかえてないんですよね?

帳簿というのは決算を終えないと完成しません。
契約書の帳簿の作成という文言は、決算後に帳簿お渡しすることと捉えていたと主張されるかもしれませんよ。
そこらあたり、毎月試算表を出してもらう契約になっていたのかどうかが争点な気がします。

税理士の仕事は1ヶ月単位でどうのこうのというものではありません。期首から期末までそして決算を終えるまでが1つのサイクルです。
1ヶ月分の仕事量に対する3万円ではなく、年間36万円を月々分割払いにしていると考えた方がよいです。

ですから毎月試算表を出すという契約の上での料金でなかったのなら、決算を
ちゃんと行えば契約を不履行とはならなかった可能性があります。

毎月試算表を出すのではなく、決算直前に帳簿を作成するなんてことは普通にあることです。そこらあたり、事前に話が通ってなかったのかなと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

yn_fwsさん

2015/12/1217:12:52

貴社も弁護士を雇うのが一番かと思います。
また、その地域の税理士会にも事情を話して相談してみてください。
それにしてもひどい税理士に当たってしまいましたね…。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。