ここから本文です

モデーア、ネットワークビジネスについて知っている方、些細なことでも良いので教...

chielien_e6c08c19855d9c9e766d5499aさん

2015/12/1305:30:54

モデーア、ネットワークビジネスについて知っている方、些細なことでも良いので教えてください。

友人からビジネスオーナーをやっている方を紹介されました。
30代前半の女性でベンツに乗り、タワーマンションに住んでいて、人柄も素敵な方でした。

しかし、なぜかあだ名しか教えてもらえず、具体的な仕事内容を聞いてもはぐらかされたので、何だか不思議だと思いました。

その後何度か会い、ビジネスを教えて貰うことになりましたが、スタートする時になって、モデーアという会社のネットワークビジネスだと教えられました。

さらに土日だけの副業的な形でスタートできると聞いていたのに、残業が少ない派遣社員に転職するべきと言われました。

今は大企業で正社員として働いているのに、わざわざ不安定な派遣社員になるのは怖いと言うと、今の時代は大企業でも生き残っていけない。ネットワークビジネスはたくさんあるが、ここは最高のチームだ。これはまたとないチャンスだ。他に成功する道はないなどと説得されました。

その時は納得していましたが、転職を強く勧めておきながら、後日メールで、自分の人生のために転職するのであって、ビジネスのための転職ではないよね?転職は自己責任だよね?と言われ、一気に不安になりました。

本当にまたとないチャンスならば、挑戦したいという気持ちもありますが、ネットワークビジネスもモデーアについてもよく知らないので、少しでも情報を集めてから決めたい思い質問しました。
些細なことでも良いので知っている方がいましたら、教えてください。

補足ご回答ありがとうございます。
考えた結果、正社員を辞めてまで始める価値はないと判断しました。
友人の話を信用していたので、素晴らしいビジネスだと洗脳されていましたが、自分が感じた違和感を質問して本当に良かったです。
ありがとうございました。

閲覧数:
9,329
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/12/1312:06:23

法律で物事を禁止するには、二つの方法があります。

一つは、ネズミ講のように、直接禁止することです。
もう一つは、様々な法規制を課すことで、実質禁止を目指すことです。単純に禁止することが難しい場合に用いられます。

私の知恵ノートにありますが、ネットワークビジネス=マルチ商法は、非常にトラブルが多いので、後者の方向で法規制が課せられています。


モデーア=ニューウエイズは、悪質な勧誘によって、2008/02/21に経済産業省より業務停止命令を受けました。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/pdf/080221nw.pdf
#PDFファイルですので、閲覧にAdobe Reader等が必要かもしれません。
#ご自身の勧誘で該当するものはありませんか?

その頃より現在に至るまで、売上高が急減しています。
当時の報道では、月10万円以上のボーナスがある会員は1%に満たなかったそうです。


ネットワークビジネス=マルチ商法は、特定商取引に関する法律で連鎖販売取引として規制されています。

法規制の概要は、例えば下記をご覧ください。

連鎖販売取引|特定商取引法ガイド
http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204009.html

例えば、第33条の2により、勧誘に先立って、社名、勧誘目的等を告げる必要があります。
又、勧誘目的を告げずに呼び出した人を、一般の人が出入りしない場所(自宅等)で勧誘する事は、刑罰を以って禁止されています。

通達より、「相手方の契約締結の意思の形成に影響を与える行為」があれば、勧誘とみなされる為、一般の人が思う以上に”勧誘”の指す範囲は広いです。
#情報提供であって勧誘でない等、誤魔化すマルチ商法関係者を結構見かけます。


第34条等では、不実告知、(意図的な)事実の不告知が、刑罰を以って禁止されています。
#末端会員等の事実の不告知は刑罰の対象外です。
たとえ勘違いであっても、誤ったことを告げてはならないし、話したくないこと、聞かれたことは、必ず話さなければならないということです。

安易に儲かるかのような話は、そのような事実はないため、不実告知になりますし、稀有な例をあげたり、”成功者”を見せて、その困難さを告げないことは事実の不告知になります。

又、経皮毒などといって、他社製品が危険で自社製品が安全であるかのように説明することがあるようですが、ニューウエイズによれば、安全性は他社と同等だそうですから、これも不実告知になります。

第38条第1項第2号で、「利益を生ずることが確実であると誤解させるべき断定的判断を提供」することが禁止されています。「これはまたとないチャンスだ。他に成功する道はない」等は、該当する恐れがあるでしょう。


ニューウエイズの製品に関して、他社より優れているとする、客観的な根拠は聞いたことがありません。
安全性についても、問い合わせた方の話を要約すると、ニューウエイズが安全と思っている成分を使用しているというだけで、その客観的根拠は示されなかったそうです。


ネットワークビジネスで”自己責任”という言葉をよく見かけますが、お感じのように、これは、勧誘する側の責任を、勧誘された相手に押し付けるための言葉でしかありません。

数少ない信頼できるネットワークビジネス従事者の方が書いていましたが、自己責任とは、勧誘する側が責任を果たした上で、初めて問えるものです。
#勧誘する側には、正しい現実を伝える責任がありますし、
#自身の利益の為に転職を薦める以上、それ相応の責任があります。

ネットワークビジネスにおいて、ほとんどの方は上手くいきません。それを誤魔化すのにも、よく使われます。



出来れば、消費者センターに情報提供を兼ねて相談願えないでしょうか?

行政が動くためには情報が集まる必要があります。そうして集まった情報により、多くの会社が行政指導や行政処分を受けています。
又、現在、特定商取引に関する法律の改正作業が行われていますが、業者側からは、情報の少なさから、法改正は不要との声もあります。

全国の消費生活センター等_国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/

  • 2015/12/1421:59:19

    そういえば、この手の商法において、公正な第三者に相談することが薦められています。

    米国FTC(連邦取引委員会)
    www.ftc.gov/tips-advice/business-center/guidance/multilevel-marketing

    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)
    www.scamwatch.gov.au/types-of-scams/jobs-investment/pyramid-schemes


    今日見た日経の記事に興味深いものがありました。

    「事業は目先の儲けより10年後の収支だ」という社長の一言 | 小さな組織の未来学
    www.nikkeibp.co.jp/atclcsm/15/418799/120300015/
    「チャンスを逃してもいい。どうしてもやりたければ、本当に儲かる事業かどうか相手の話を鵜呑みにせず、綿密なマーケティングと事業計画を練ってみろ。話はそれからだ」




    ippannjintohhhさんは、ニューウエイズのビジネスを行っているようですね。
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10103159570


    リンク数制限により頭のhttp://を省略しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pokigeさん

2015/12/1823:11:26

私も15年ほど前にニュースキンをやっていました。

結果上手く行きませんでした。

そして、現在私の友人が今、モデーアやってます。

友人はかれこれ3年程やってますが、結果は出せていないようです。

結果が出せていないにも関わらず、三年前よりも、生き生きしてます。

結果を出せていないのに、なぜそんなに生き生きしてるのか?と聞くと。


今はモデーアビジネスの結果は出せてないけど、色んな人と出会い、情報の共有出来る仲間がモデーアで増え、ビジネス教育、人脈の拡張することが出来、とても勉強になっている。

私は、ネットワークビジネスでお金を稼ぐというと以外に、得られるものがあるんだなと思いましたね。
それもこれも、やはり関わっている人がどのような人なのか?ですね!

友人と話をしていると新しい話が次々と出てきて、自分にとっても勉強になってます。

友人がやっているモデーアビジネスは
まず、人間力のレベルを上げることを目的としているようです。
中途半端な心構えでは絶対に成功しないという考えてをもっておるようです。

まずは成功者のマインドの切り替え、行動の切り替え、これを養っていき、その先にビジネス展開をしていく方針のようです。

ですので、ネットワークビジネスをやるには、一緒にやる人がどんな人なのかを見極める必要があると思います。

ビジネスを成功させるには、まずは人間力のレベルアップは必須でしょうね!

どんな状況においても、上手く行かなかったら、人のせい、周りのせいにするようでは行けません。
失敗しても、成功しても自己責任です!

2015/12/1717:38:46

他の方が書かれているようにモデーアはマルチ商法ニューウエイズの社名変更しただけの会社です。
ソーシャルリテールなどと言ってマルチではないようなことを言っていますが、実態は普通のマルチ商法です。
SNSを活用などと言っていますが、モデーアのFacebookのいいねやTwitterのフォロワー数を見てください。
会員数にも全然届きません。
4月に社名変更しましたが全く流行っていないのですね。
これから流行るのでしょうか。
普通に考えて元ニューウエイズと言うブランド力の低さと他社を圧倒するような特別な製品が無いということから難しいと思います。
この知恵袋でも今のところ一人を除いてすべての回答が否定的です。
そういう業界のそういう会社だということをまずは知るべきです。
あなたはできますか?
ネットにはもちろん真偽が混在しています。
モデーアに関しては比較的容易に真実が知れます。
あなたが受けた勧誘の方法と内容をモデーアのカスタマーセンターに確認したらよいと思います。
例えば化粧品やサプリですが、これだけたくさんのブランドがあって、皆それぞれお気に入りがあって、なぜモデーアを選ぶ理由があるのかが理解できません。
なぜモデーアか?という説明はありましたか?
チームのサポート体制とかぼんやりしたことをお聞きになったかもしれませんが、化粧品や日用品を売るのが仕事です。
一回落ち着いてお考えになった方がいいと思います。
あと、知らない人に聞くと偏見とか間違った知識で否定されるので誰にも言わないように、ネットは見ないようにと言われませんでしたか?
ネットで見ると否定的な意見が圧倒的な会社…。
それなりの理由があるとは思いませんか?
そしてその偏見とやらを覆す力がモデーアの会社や製品にあると思われますか?

2015/12/1710:06:40

多くの方が回答していますが、今年の3月までモデーアは
ニューウエイズという社名でした。
一度ニューウエイズで調べた方がいいです。

主さんが知り合った女性のように成功する方はもちろんいます。
ただ月10万円以上の収入を得られるのは1%もいないとか…
それどころかセミナーで土日は潰れ、交通費など支出が多くなり
赤字になるのも事実。

私は知人がモデーアのビジネスをしています。
ニューウエイズからです。
正直、人格が変わりました。
人を見下すようになり、モデーア製品は素晴らしい!と…
他社製品に関しては悪口ばかり。
まぁセミナーで聞いた事を信じて疑わないのでしょう。


長くなり申し訳ありませんが、モデーアの言う可能性に惑わされず、
ぜひニューウエイズで検索してみて下さい。
名前が変わっただけで一緒なので。

vvb0o0dvvさん

2015/12/1709:23:01

あなたがお友達やアップの勧誘・説得を受け、また態度の変遷などを見て、不審に思い、迷っているわけですね。
そのお友達らと同じことを、今度はあなたが他の人に行うわけです。

それによって現在の仕事を辞めて余りあるだけの収入に足りる(自営業は粗利が会社員の倍程度あっても、保険や年金等の諸条件を考えると、会社員より収入条件は実質悪いです。本人の残せる金額もそうですし、社会的『銀行などの条件設定を見ても明らかでしょう』にも…)ように、被紹介者を集めることができますか?

それがあなたに出来るならいいのではないでしょうか?

ちなみに「あだ名しか教えてもらえず、具体的な仕事内容を聞いてもはぐらかされたので」のような状態で勧誘の場に連れていくことや(特商法第33条の2他)、「他に成功する道はないなどと説得」することは(特商法第38条の1の2他)、特商法違反の疑いすらある行為です。

モデーアの参加不参加に関しては、もちろんあなたのご自由です。ただ、上で書いたようなところは勘案しながらやらないと、危険度が増してしまうので、気をつけた方がいいでしょう。

katochan_pさん

2015/12/1617:31:03

ネットワークビジネスと言うだけで、止めておくべきですね。
そもそも、他人にわざわざ儲かる商売を教えるバカは居らず、あなたはカモと見なされているに過ぎません。
その方のリッチな生活の裏には、そうして騙されて身ぐるみ剥がれた多数の御同輩が存在するのです。

正社員の立場を捨ててまで、一体全体何を求めているのですか?
他人を不幸にしてでもリッチになりたいのであれば止めませんが、あなたにその覚悟が有りますか?

まあちょっと調べましたが、モデーアとは「あの」悪名高いニューウェイズでしたか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A6%...
すでに何度も問題を起こし、有名になりすぎたために社名を変更したわけですね。
ネットワークビジネスの常套手段です。
そもそも、知名度がある社名をわざわざ変更するバカは居ませんよね?
またカモを釣るための手段です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。