ここから本文です

仮想化マシン環境とはvisual studioとかのことですか?

gackt873さん

2015/12/1404:25:23

仮想化マシン環境とはvisual studioとかのことですか?

イメージがわかないです

閲覧数:
154
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abiko_tetuさん

2015/12/1408:03:56

質問には、

> イメージがわかないです

とあるので、実際の環境だけではなく、概念的な意味も含めて質問されていると言うことですよね。
詳しくは、下記に記述しますが、仮想的なマシンの上で動作するアプリケーションソフトを開発する仕様や機能や開発環境などを総称して、仮想化マシン環境(又は、仮想化環境、仮想環境)と呼んでいます。



[Javaによる仮想化マシン環境]
C言語やC++等のプログラミング言語で作ったアプリケーションソフトは、コンピューターの上で、直接動作します。
これに対して、Javaと言うプログラミング言語で作ったプログラムは、コンピューターとアプリケーションソフトの間に、VMと言うプログラムが仲介しています。
VMと言うプログラムは、アプリケーションソフト側からコンピューター側を見ると、仮想的に作られたマシンのようなものなので、仮想マシンと言います。
ところで、C言語やC++で作るアプリケーションソフトは、個々のコンピューター環境に合わせて、開発する必要があります。
すなわち、マック用マシンで動作するように作ったアプリケーションソフトは、Windows用マシンでは動作しません。
C言語やC++の場合は、マックマシン用に作ったものをWindows上で動作させたい場合は、Windowsマシン用に作り直す必要があります。
これに対して、Javaで作ったアプリケーションソフトは、マック用マシンであろうが、Windows用マシンであろうが、そのまま動作します。
これは、VMと言う仮想マシンが、個々の環境の違いをカバーしてくれるからです。
なお、Javaの開発環境は、Visual Studio ではありません。
むかしは、統合開発環境Visual Studio でもJava が使えたのですが、今は使えません。
Visual Studio のMicrosoft社が、Javaを作ったSun社に裁判で訴えられたからです。
Javaを使える開発環境は、いろいろとあるようですが、統合開発環境Eclipseがおすすめです。


[Visual Studio での仮想環境]
Javaは、インターネット関係で、強い力を持っています。
ただし、前述の通り、Microsoftは、Sunに裁判で訴えられました。
しかし、インターネット市場で成功するには、Java的な発想をVisual Studio に取り込んで行くことが必要です。
そこでMicrosoftは、Javaの代わりに、C#と言うプログラミング言語を作りました。
また、JavaでのVMに該当する仲介用のプログラムは、JITコンパイルとか、.NET Frameworkと言うプログララムで実現しています。
なお、.NET Framework上で動作するプログラムの開発が行えるのは、C#だけではなく、VB.NETやC++/CLIやASP.NETなどがあります。
(C言語やC++は無理で、それ以外のVisual Studio 上の各種プログラミング言語になります)
ちなみに、Microsoftの目指す仲介用プログラム(.NET Framework)は、Javaとは異なります。
Javaは、マッキントッシュやWindows等の違いをカバーするものでした。
そう言った違いのカバーは、Monoと言う組織が、C#で行っていますが、Monoは、Microsoftではありません。
Microsoftが目指しているのは、Windowsパソコンとスマートフォンとゲーム機Xboxと言った違いをカバーすると言うものです。
しかし、スマートフォン市場では、Microsoftが行おうとしていたことを、Googleが先を越して行い、それで普及に失敗しました。
ただし、今後のどこかのタイミングで、Microsoftのリベンジが始まることは、ほぼ間違いのないことです。
と言いますのは、Microsoft は、2014年4月25日に、Nokia Corporation(ノキア)の携帯電話事業を買収し、
かつ、2014年09月16日に、ゲームのマインクラフト(Minecraft)の会社であるモヤン(Mojang)の買収が発表されました。
それらの買収による成果を、今後のどこかのタイミングで出してきます。
そこで、今後の方向性が見えてくる可能性が出てきます。
また、Microsoft は、今年(2015年)、ノート型パソコン市場に、Surface Bookと言うパソコンで参入しました。
よって、リベンジがある可能性は、かなり高いです。


[コンテナ型仮想化技術]
Microsoftは、コンテナ型仮想化技術のDocker を取り込んで行く方向のようです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214794109...

コンテナとは、貨物列車や船で荷物を運ぶのに使われる大きな箱と同じ意味です。
サーバー用の環境が、がばっとクライアント側に移動するイメージです。
コンテナで貨物が運ばれるイメージなので、コンテナと言う名が付いています。
要するに、サーバー機のある場所に行って、サーバー用システムの開発や構築を行わなくても、クライアント用マシンで行えると言うものです。
クライアント側に、仮想的にサーバーが設けられるからです。
もしもベーター版とか、関連環境が出ていても、まだ手を出さなくてもよいと思います。
前述の通り、Nokia Corporation(ノキア)携帯電話事業の買収等の成果が、今後のどこかのタイミングで出て来る可能性が高いからです。
そのタイミングで、コンテナ型関連の様子が見えてくるはずです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。