ここから本文です

決着が付いたように思うが?

slow_eco_life_is_beautifulさん

2015/12/1514:06:35

決着が付いたように思うが?

間違っていた方がインカテでの活動禁止との約束。

【minnmitoratwoと愉快な仲間達の主張】
1.文書偽造は作成すれば直ちに文書偽造罪
2.診断書作成やピアスの穴あけは反復継続の意思がなくても医師法違反

【私の主張】
1.文書偽造罪は「行使の目的」が構成要件。
2.医師法は反復継続の意思がない医行為を禁じていない。
______________________________
makaki10さん 2015/12/1510:59:25
1そうです。実務上も公訴事実に「行使の目的をもって」と必ず記載され、立証されます。
2医師法は医行為が仮に侵襲なしに行われたものであっても医師でない者が業としてこれを行うことを禁じているというように考えられます。医師法だけで考える限り、反復継続して行うという意思のない医行為は処罰対象とはなっていません。
____________________________________
u_b_c_s_bio_u_s_sさん2015/12/1321:31:39
私の回答に間違いがあったようです、偽造は、行使を目的だったようです
関係者各位様大変申し訳ありませんでした
_____________________________________
spicewoさん 2015/11/2117:42:53
概ね後者が正しいです。率直に言って、前者(minnmitoratwo)の主張は法律を専門的に勉強された方の主張ではないように思われます。

①医師法違反について
医師法17条は、「医師でなければ、医業をしてはならない」と規定しており、医師以外が診療行為そのものを行うことは禁じていません。医業というのは、後者が指摘している通り、「業として」医療行為を行うことです。「業として」というのは、法的には「反復継続して行う意思を持って」ということを意味しています(医療行為という言葉の法的な定義について争いがありますが、本稿の趣旨とは若干関連性が薄いので詳細は省きます)。したがって、診断書を書けば直ちに医師法違反ということは考えられません。
ただし、「診断書」というものがどのような内容を想定しているのかは実際の認定には大きく影響します。内容次第では医師法違反や文書偽造罪成立する余地がないではありません。たとえば、診断書にテンプレートが用意されていて、反復継続して作成することを前提としている場合などは、業として診断書を作成したと評価できるでしょう。
しかし、たとえば医師ではないが医療について詳しい人間が、あくまでもアドバイスとしてメモを作るような場合には当然医師法違反とはいえません。これは診断に基づいて文書を作成していますが、反復継続して行う意思のもとで行われた行為ではないからです。
いずれにせよ、医師が行うような診断書作成を行うとしても、そこに反復継続の意思があったかという評価の必要がある以上は、「ただちに」とはいえません。
仮に単に診断して文書を作成すること自体医師法違反と解するならば、母親が子供の病気に際して「風邪なので薬を飲んでゆっくり休みなさい」とメモを残して仕事に行くことも医師法違反になってしまいます。

②文書偽造について
刑法155条2項,3項も159条2項,3項も、変造等をした者も「前項と同様とする」としていて、各1項に規定する行為と行為の様式が違う場合について定めた規定ですので、「行使の目的」があることは規定されていると解されます。行為の目的が不要とする見解は学説ではまず主張されません。
同罪において行使の目的を要件として定めているのは、同罪が「文書というものに対する社会的な信用性」という法益(法律上の利益)を保護しようとしているためです。つまり、行使しないのであれば、社会に流通したりして文書の信用性が害されることはないのだから、自由主義国家としてこういう行為をいちいち罪として処罰することは適当でないと考えられてです。このことが、偽造と変造で異なると考えることに論理性はないと思われますから、「行使の目的が不要」などとも考えられていないのです。
したがって、診断書を作成すればただちに文書偽造罪が成立するというのも誤りです。
________________________________________
zac18617さん 2015/11/2219:33:05
文書偽造罪は文書の社会的信用が保護法益なので、使用目的がない(社会に出ていかない)のであれば成立しません。

診断書作成が必ず医療行為を伴うわけではありませんし。

つまり、前者(minnmitoratwo)の方の主張は法律を無視した暴言と言えます。
_________________________
kpa3214さん 2015/12/713:05:55
行使をしなければ全く罪には問われません。
_________________________
bf253さん2015-12-07 15:54:59
そうですね。
行使を目的としないことにより、文書偽造罪が成立せず、
外的使用や人の認識可能な状態に置かないことにより、偽造文書高資材が成立しないこととなる。
そのため、違法な行為ではない、ということになります。

補足この方たちが「悪」なのか、
法律を無視して間違った情報を垂れ流す
minnmitoratwoが「悪」なのか
どちらだと思いますか?

minnmitoratwo,文書偽造罪,医師法違反,zac18617,makaki10,完全勝利,我ら

閲覧数:
59
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2015/12/1516:39:21

我らの圧勝、完全勝利!正義はいつの時代も勝つと決まっているのだ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2015/12/16 08:40:33

未だに間違いを認めず、私を侮辱するため、証拠に残します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。