ここから本文です

ザック・グリンキーがダイヤモンドバックスに入団したのは悲劇でしかないです ダ...

roc********さん

2015/12/2418:18:22

ザック・グリンキーがダイヤモンドバックスに入団したのは悲劇でしかないです
ダイヤモンドバックスでプレーした先発投手のほとんどはケガしています。「無事是名馬」で鳴らしたアローヨでさえ故障しました。

2006年のサイ・ヤング賞投手ブランドン・ウェッブもケガに泣き、短命に終わりました。
グリンキーも同じ運命をたどるのでしょうか?皆さんはどう思いますか?

閲覧数:
166
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cal********さん

2015/12/2418:29:46

2人の怪我とダイヤモンドバックスの直接的な関係は無いと思いますが。

アローヨは38歳と既に大ベテランの域に入っていましたので、
故障のリスクは高まっていたと思いますし、
ウェッブはデビューから6年間同球団で過ごしたじゃないですか。
30歳前後は丁度身体的にも過渡期であり、
キャリアに関わる怪我をするのは珍しい事ではありませんし、
ウェッブのフォームは決してスムーズとは言えませんでしたので、
バックスでなくても同様の怪我をした可能性はあります。

むしろ春秋でも暖かい(夏は暑いですが)アリゾナは投手にとっては
それ程故障リスクが高い球場だとは思いません。
(スタミナ消耗でフォームを崩す→怪我という一面もありますが)

グリンキーはアリゾナで大怪我をするか、
という質問については個人的な意見しか言えませんが、
年齢も年齢ですから契約期間中にそれなりの怪我はすると思います。
ただダイヤモンドバックスという球団と結び付けて
どうこう言う根拠はないと思います。

質問した人からのコメント

2015/12/29 07:02:33

ありがとうございます。あまり心配しなくていいんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mat********さん

編集あり2015/12/2507:17:41

プロフェッショナルは年俸が評価の全てです。
グレインキー選手は、バックスから其れだけの評価受けていると言う事でしか有りません。
怪我するか、しないかは判りませんし、各球団も怪我のリスク等想定出来ません。
契約直前に身体検査する事位しか手が有りませんね。
バックスの先発投手全員が故障している訳では有りません。
2001年にランデイ・ジョンソンとカート・シリングは大車輪の活躍でWチャンピオンに成っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

the********さん

2015/12/2503:53:15

ぼくもにとっても超悲劇です。てっきり6年間いると思っていたのでかなり残念です。ぼくはドジャースファンなので行くならせめて違う地区に行って欲しかったです

sek********さん

編集あり2015/12/2422:17:21

グリンキーは元々怪我が多い選手ですが怪我の多くは不慮によるもので大体の年は安定して先発ローテーションを守っています。
ですが6年契約の全ての年で怪我なく先発ローテーションを守れるとは思いません。
おそらく1年分くらいは怪我をするシーズンもあると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる