ここから本文です

芥川也寸志の音楽 芥川也寸志の作曲した音楽の中で、これは必聴という曲があり...

みらあじゅさん

2015/12/2507:05:59

芥川也寸志の音楽

芥川也寸志の作曲した音楽の中で、これは必聴という曲がありましたら教えてください。

年明けに、彼が作ったアマチュアのオーケストラが交響曲第1番を演奏するとのこと

なので、行こうと思います。

なお、芥川也寸志の音楽では、今迄に「エローラ交響曲」しか聞いたことがありません。

閲覧数:
198
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kinnkannteiさん

2015/12/2519:53:36

小鳥のうた、や、キュッキュッキュッ、などの童謡。
やさしいお人柄と愛情を感じます。

映画「八つ墓村」の音楽。
言わずと知れた映画です。
音楽をよく聴くと、これがまた効果的で怖い!!

質問した人からのコメント

2015/12/27 13:31:28

ありがとうございました。ベストアンサーは色々迷いましたが、お人柄が感じられる人ということで。

アマチュア合唱団の方の話しでは生前、芥川さんはかなり怖い人だったそうですが、それも音楽に対して真面目だったからかもしれません。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2015/12/2610:59:37

「交響管弦楽のための音楽」は芥川のスタンスというか、個性を見るのに最適だと思うね。
この作にこそ、芥川の一種の典型がある。

特に第2楽章(第2曲)。
もうね、何も知らない人に「これはプロコフィエフの作品だよ」と言ったら、結構信じてしまうのではないかと思われるほど傾向が近い。
才能豊かな優れた作曲家には違いないだろうが、やはり芥川は(ワシ個人の勝手な評価だが)黛や團よりも「将来性」という視点では一級落ちる気がする。
「亜流感」が濃厚なんですよ。
時代性というか、その時代の一時期には注目され、評価もされるが、一定の時期を過ぎると顧みられなくなる典型的な作曲家のような気がします。
その点、まだ黛あたりは、時代が下っても相応の評価を維持し続ける余地があると思います。

良くも悪くも、芥川の「良い意味での亜流」、「先人の影響を受けつつ優れた音楽を産み出した作曲家」という独特の個性が分かる作だと思います。

rin********さん

2015/12/2523:45:47

弦楽のための三楽章

あとは
「八甲田山」
https://www.youtube.com/watch?v=mVtCXGi1TyU
「赤穂浪士」
https://www.youtube.com/watch?v=c2bHPvjPEPA

かな。

https://www.youtube.com/watch?v=iIoSkN4ykJ8
これけっこういろいろ聞ける

k_c********さん

2015/12/2520:11:06

映画「八甲田山」の音楽。

プロフィール画像

カテゴリマスター

CYCLISTTAKさん

2015/12/2509:48:59

下の三曲がお薦めです。

○トリプティーク(弦楽のための三楽章)
○チェロとオーケストラのためのコンチェルト・オスティナート
○オルガンとオーケストラのための「響」

この下のyoutubeに上のすべての曲が入っています。
https://www.youtube.com/watch?v=iIoSkN4ykJ8

rnh********さん

2015/12/2509:17:34

海外のオケが、日本公演のアンコールピースに選んだりする作品として…。

「交響管弦楽のための音楽」

http://naxos.jp/special/japanese-classics

演奏は沼尻さん指揮の都響。

芥川さんのご存命中に聴いて頂きたかった熱演です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる