ここから本文です

youtubeのAdRev for a 3rd Partyという詐欺団体についてです。

uta********さん

2015/12/2507:22:58

youtubeのAdRev for a 3rd Partyという詐欺団体についてです。

先日youtubeにゲーム動画をアップしたところ
AdRev for a 3rd Partyから著作権問題で通知が来ました
このAdRev for a 3rd Partyはどうやら存在しない架空の詐欺団体と聞きました
ですから異議を申し立てたいのですが当然ゲームに使われているBGMは私に著作権がありませんので
どうしようかと困っています。
この場合は何もできないのでしょうか?
かと言って詐欺団体である彼らをこのまま野放しにしたくはありません
長文失礼しました、どなたか回答お願いいたします。

補足すみません、削除などではなくこの場合どのような異議の申し立てをすればよいのでしょうか?

閲覧数:
1,739
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kor********さん

2015/12/2510:12:50

「AdRev for a 3rd Party」っていうのは特定の組織の固有名詞ではなくて、よく問題になってる「One or more music publishing rights collecting societies」みたいな「一つか、あるいは複数の組織が著作権の所有を申し立ててます」ってことではないのかな?

下のカテマスさんのリンクにあるNash Music Library:Free Use Musicというロイヤリティフリーの音楽配布サイトの記述に
http://www.nash.jp/fum/help_faq/contentsid.html

「他の正規ユーザーの方々の使用を違法なブロックから保護すること、並びに音楽著作権保護という最も基本的な観点より、2015 年 5 月 20 日からコンテンツIDに登録させて頂く事になりました。」

↑こう書いてあるんだけど、AdRev for a 3rd Partyで検索すると、2012年頃からの記事がヒットするんで、AdRev for a 3rd Partyが全てNash Music Library:Free Use Musicが配布している音楽とは限らないでしょう。他の製作者が配布している音楽の可能性もあるということです。

トピ主さんがUPしたゲーム音楽がもともと会員制のサイトで配布されている素材や、ロイヤリティフリーの有料音楽素材を元に作られているものだったとすれば、詐欺組織が広告料を横取りしていることには当たらないってことになります。

しかし、実際には有名な音楽素材サイトが配布している音楽にちょっと手を加えてコンテンツIDに登録してしまう悪質なユーザーも居るし、ユーチューブも著作権の申し立てをしている組織を匿名で省略するのではなく、名称や連絡先を明示して欲しいですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

gre********さん

編集あり2015/12/2508:51:59

「AdRev for a 3rd Party」が架空の詐欺団体かどうかは、ここをご確認ください。

http://www.nash.jp/fum/help_faq/contentsid.html


Nash Music Library:Free Use Music の音源をYouTube 動画に使用された場合
以下のケースが発生する場合がございますのでご留意ください。

(1) お客様の YouTube 動画に広告が掲載されます(Nash Studioの広告ではありません)
FREE USE MUSIC を使用したお客様の YouTube 動画に広告(動画の登録タグやタイトルによって様々な内容の広告が表示されます)が掲載されます。広告が掲載される理由は、YouTube の著作権保護システムが広告収益化プログラムを発動するためです。

(2)お客様の動画管理ページに 「第三者のコンテンツと一致しました」というコメントが表示されます
権利者名:Nash Music Library・著作権で保護されたコンテンツ「音源の番号 - Nash Music Library」・申立人名「AdRev for a 3rd party」の内容がYouTube動画の管理画面に表示されます。これは楽曲のコンテンツホルダーが弊社であることを証明するものです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tib********さん

2015/12/2507:56:57

現状では、どうにもなりません。

なぜ「詐欺団体」と、分かっていても「削除」
できるか?

それは「YouTube には、著作権を審査する権限が無い」
からです。

つまり「それっぽい、通報」を、出しさえすれば
「動画の削除が、可能」なのです。

また、こうした「犯罪まがいの削除」でも
一般ユーザーは「正式な権利書」を、持っていませんので
「裁判」に、持ち込む事もできません。

つまり「現状の法律」では「動画を削除」して、回っている
「変な人達」を、取り締まれないのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる