ここから本文です

オートマ車のギヤチェンジについて教えてください。

got********さん

2015/12/3117:31:40

オートマ車のギヤチェンジについて教えてください。

DやLの使い分けをすると燃費も良くなり、ブレーキパットの消耗も軽減するらしいので練習したいと思ってますが、
エンジンブレーキでLの使い時が今一分かりません。
例えば60Km/hで走っている時に前の車との車間距離を空けるためにブレーキを踏まずにローに落としてエンジンブレーキをかけても良いのでしょうか?それとも、もっと低速の時にしかローへ落としてはいけないのでしょうか?
その他にどのような時にローを使うか教えていただきたいです。

閲覧数:
313
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sem********さん

2015/12/3118:45:21

平地や市街地でLレンジを使う必要なんて殆どないし、寧ろ使うべきではないでしょう。
特に車間距離を空ける為にLレンジで減速を行うと、ストップランプが点灯しないので、後続車は減速に気付くのが遅れて走り辛くなるし、追突事故も誘発します。
Lレンジを使うのならストップランプが点灯する程度にフットブレーキもも併用しながら減速をする必要があります。
使うにしても雪道の発進時や凍結した長い下り坂をゆっくり下る場合、或は、頻繁にフットブレーキが必要になる長くて勾配のきつい下り坂くらいですね。
又、速度が高いとレバーをLレンジに切り替えても直ぐにギアは変わらず、操作と切り替わりがワンテンポ遅れ、突然減速が始まるので、やはり交通量の多い道路では無暗に使わない方が良いですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

JACKさん

2015/12/3118:23:26

AT車のLレンジは下り坂で強力なエンジンブレーキが
必要な時と、雪道の発進時くらいですね。

普通の平坦な道路でLレンジにする必要は全くありません。
Dレンジですべてカバー出来ます。

ch3********さん

2015/12/3118:19:01

AT車でスピードを落とすためにギアを落としてエンジンブレーキをかけるとATの寿命を縮めます。
ATはブレーキパッドよりもはるかに高額です。
急な坂道でスピードが上がるのを避けるためにあらかじめLにするのは良いですが、スピードを落とすためにLにするのはおすすめしません。

mas********さん

2015/12/3117:59:05

貴方が言っているのは、エンジンブレーキの事でしょう。アクセルを離すと、その時入っているギアにより、ブレーキを踏まなくても減速します。低速ギアほど強く減速します。しかしローギァをエンジンブレーキに使用するのは危険です。ローギァはエンジン回転数が1000rpm以下くらいで使用しないと、エンジンが
過回転してぶっ壊れますよ。貴方は勘違いしてます。試しにローギァから順に、2速、3速、Dレンジと手動でやってみてください。Dレンジはアップ、ダウンを自動で行います。
私の場合ローギァは滅多に使いません。雪道でスリップしない様発信する時そろそろと出る時使います。トルクが一番強いのもローギァか、バックギァです。
もっと詳しく説明したいのですが、貴方の車の知識がどの位あるのかが理解できるか決まります。どうしても、エンジンブレーキ多用の運転をしたいのから、AT車からMT車にすれば、実感はハッキリしますし、運転の醍醐味を味えますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる