ここから本文です

いつまでたっても愛猫の最期の後悔から抜け出せません。 慢性腎不全の愛猫をな...

nek********さん

2015/12/3118:45:36

いつまでたっても愛猫の最期の後悔から抜け出せません。

慢性腎不全の愛猫をなくして半年以上たつのに未だ最期の看取り方を後悔しまくって悔いが残りどうしようもない気持ちにさいなまれます。

最期の2ヶ月ぐらいは飼い主自身も余裕が無くなり正常な判断が出来なくて愛猫に沢山辛い思いをさせてしまいました。
無理な日帰り点滴(静脈点滴)と強制給餌、苦いお薬飲ましと我を忘れていた部分もあった感じです。
散々大嫌いな病院で数値の検査(一週間おき)とかしておきながら、最期の最期には病院へ連れて行かず苦しませて家で看取った事が今でも心残りで後悔で押しつぶされそうです。

呼吸が荒くなってきてからは、苦しそうにしていたけど、これが腎不全の最期でこの後痙攣が来るものと思ってただ泣きながら見守るだけでした。

でも、最期まで腎不全なのに痙攣はありませんでした。
そして、すぐに死後硬直がきました。
苦しんだほどすぐに死後硬直が来るとネットで読んでショックで。

腎不全の最期を色々探しても口呼吸で呼吸困難になるなんて書いてもいなくて、もしかして最期じゃなかったんじゃないか?
あの時に嫌いだけど病院に連れて行っていたら何か処置をしてもらえてまた数日生きられたんじゃないか?楽になったんじゃないか?どうして連れて行かなかったんだ?!と色々考えたらきりがないぐらいの後悔にさいなまれています。

数値も症状も悪くなっていて、前日からそろそろと思える節があったにしても、痙攣が来なくて呼吸困難で最期の最期まで意識はある中、死なせてしまったことが悔やまれて仕方ありません。

20年近く生きてきて、一番長く沢山癒しと楽しい日々をくれた子に一番つらい思いをさせてしまったことが一番の後悔です。
どんなに反省しても悔やんでも取り返しがつかない状況でいたたまれません。

猫の腎不全はこんな最期じゃないですよね?
やっぱり腎不全からくる色んな症状の一つであって最期じゃなかったって事ですよね?

何をどうしたいのかもわからなくなってしまって変な質問になってしまってすみません。
何か御助言を頂けたらと思います。

閲覧数:
4,340
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kap********さん

編集あり2016/1/111:50:29

腎不全から「代謝性アシドーシス」を起こしていたんじゃないのかな、と思います。
慢性腎不全の末期でも見られる症状です。

アシドーシスとは、血液中の酸性濃度が高くなりすぎた状態です。
血液中のph (酸性/アルカリ性の程度) は常に一定に保たれていますが、腎臓の機能が落ちてくると、酸をうまく排出することができなくなり、体が酸性の状態に傾いてしまいます。
これを元に戻すため、体は肺から二酸化炭素(CO2)を排出しようとします。
phの異常を呼吸を使って修正しようとしているので、口呼吸、過呼吸の症状となります。
http://www.konekono-heya.com/byouki/junkanki/ketsueki/taisyasei-aci...

痙攣による最期とどちらが苦しまずに済んだか…ということは私にはわからんのですが、過呼吸を起こした時点で、尿毒症による神経障害から意識も朦朧としてたんじゃないのかな、と。


人は完璧ではないし、命と向き合っていれば程度の差こそあれ後悔はあるものです。
私もネコができるだけ苦しまないような最期を迎えさせてあげたいと考えていますが、病気である以上、苦しみがゼロということはあり得ない。
個人的な意見ですが、自分のネコに対する後悔を、別のネコや誰か他の人に対して償ってあげるのも供養になると思っています。
うまく言えないんだけど、誰かの役に立てたとき、そこに、そのコの生きた証があるようで。
私も冥福を祈らせてもらいます。

  • 質問者

    nek********さん

    2016/1/202:09:13

    回答ありがとうございます。
    【代謝性アシドーシス】かもしれません。
    これで調べたら当てはまる節が沢山ありました。
    このリンク先も見た事があるので読んでいたかもしれないけど、全て余裕なくして忘れてしまっていました。
    情けないです・・・

    開いてる目の前に手を近づけたら目を瞑ったので意識があると…
    あまりの無知力に自分でも情けなくて。
    【誰かの役に立てたとき、・・・】そうですよね。
    身をもって教えてくれたんだから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/1/4 00:25:55

回答してくださった皆様、本当に励ましのお言葉など沢山ありがとうございました。
モヤモヤしたまま年を越すと思うといたたまれなくなって質問しました。
皆様の回答で少し気が楽になりました。
皆様の回答はすべて素晴らしいものでベストアンサーを選ぶのが大変でしたが、最期の症状に近い物をお教えくださった方を選ばせてもらいました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

b_a********さん

2016/1/111:30:18

ちょっと酷いことをいいます。
「もしも」とか「後悔」って誰のためのものですか。
質問者のその気持ちは誰のための気持ちですか。
猫に許しが欲しいのですか。
違うでしょ?
質問者の飼っていた猫は人の不幸を喜び、この世を恨みながら死んだのですか?
違うでしょ?

死は避けられぬものです。
どんなに手を尽くして死ぬものは死ぬのです。
だったら、質問者が考えることは手の尽くし方ですか?
それとも、猫の供養の仕方ですか?
生きているもの死んだものに対して責任がある。
一時的に哀しみに落ちるのは分かります。
でも、その責任から逃げることは猫に対して悪いことだとおもいませんか。
猫のことを忘れずに楽しくいきる。
質問者が忘れなければ猫はいつまでもその存在が消えない。楽しく生きていなければ猫は安心できない。

再度問います。
質問者の後悔は誰のためのものですか。

後悔とは次に繋がらなければなんの意味もない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kar********さん

2016/1/111:09:44

愛猫も愛犬もなくなった経験があります。

それ以後動物は飼っていません・・・。

別れが辛いですから・・・

どんなに尽くしても後悔は残ります、それは動物に限らず人間との別れもです・・。

何時までもくよくよしていたら、あなたのことが気になって亡くなった者は、良い所にいけないと、お坊さんから聞いたことがあります。
なくなった愛猫の楽しかった思い出だけを沢山思い出してあげてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sit********さん

2016/1/102:43:57

そんだけやってもらったら、どんだけ幸せなことか、、、
あなたがすることは、ただ冥福を祈ることだけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bil********さん

2016/1/102:28:49

20年近くですか。
大切にしてもらっていた証拠ですね。

大切だからこそ、自分ができる全てを掛けて助けたいと思うものです。
大切だからこそ、見失うこともあります。

でも今回質問者さんがした選択は、自信はなかったろうと思いますが
その子にとってはベストだったと思いますよ?

20年近くも生きていたら、体のあちこちにガタがきます。
血管も、臓器も。

腎臓病で呼吸困難にならないと書かれていたとありますが、
本来おしっことして処理される体内の余分な水分が、上手く処理できずに胸水や腹水となって体にたまってしまうことがあります。
限界を迎えた腎臓が処理しきれずに、血管から漏れ出すのです。

腎臓病の本当に末期の状態です。

腹水となって溜まればあまり症状はありませんが、胸水になると呼吸困難となります。

書かれていることからの推測でしかありませんが、恐らくこの状況だったのではないかと思います。

ただ、その状態で胸水を抜いたところで、良くなる見込みはかなり薄いです。
そもそも、病院に無理をして連れて行っても胸水を抜くことすら難しかったろうと思います。

また万が一、寿命がほんり少し延びたとしても、苦しむ時間を与えるに過ぎなかったでしょう。

悩みながらであったにせよ、あなたの判断は間違ってはいません。
現在の医療では、これ以上打つ手はなかったと思っていいと思いますよ。

また猫ちゃんにとっては、どんなに苦しくても、慣れ親しんだ場所、慣れ親しんだ匂い、そして大好きだった人がいる家で最期を迎えられる方が良かったのでは。
嫌な匂いがする大嫌いな病院で、飼い主さんもいないままに亡くなる子もいますから...。

何よりあなたがしたことの本意は、それが結果ベストであろうがなかろうが、誰でもなく自分のためだったと可愛がっていた子には必ず伝わっているものです。
猫ちゃんは、頭も心を読む力も優れていますから。

どうかあまりご自分をお責めにならずに。
20歳と言う高齢で、医療の限界まで持ち堪え一緒にいてくれたことを「ここまでついてきてくれてありがとう」と看病の過程で無理をさせたことを含めて感謝し、誇りに思ってあげたほうが猫ちゃんも嬉しいのではないでしょうか。

心も体も、ご自愛ください。

最期になりますが、猫ちゃんのご冥福をお祈りします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nek********さん

2015/12/3119:36:43

つらいですね。

今年、我が家もニャンコを看取りました。
主サマとお同じような感じでした。

ただ我が家では数年前から、強制給仕・嫌がる点滴(補液)は無理にさせるのはやめよう。と決めていました。
さすがに亡くなる前、(10日くらい前)は点滴に行きましたが、2回行って、「あ!」と思いました。ぐったりしてきた子を車で連れて、痛い事するほうが可哀想な気がして、家で見守る事にしました。そのことについていいのか、わるいのか・・・
2.3日は長らえたかもしれませんが、それはニャンコにとってただ嫌な思いをさせたのでは・・・。

後悔は、どのようにしていても多分してしまうと思います。
それよりニャンコに「お疲れさま、モフモフさせてくれてありがとう、いい思い出をありがとう。」って送ってあげたほうがいいんじゃないでしょうか。
そしてニャンコに心配かけないように、主サマがいてくれるのがニャンコの為になると思います。

悲しいし、ニャンコの事を思って涙してしまうのは当然です。
ただ、後悔してばかりでは、今までのニャンコとの良かった事を台無しにしてしまいますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる