ここから本文です

もともとは自民党員で米軍基地にも肯定的だった翁長雄志沖縄県知事が、現在のよう...

ffksrrakuさん

2016/1/414:44:26

もともとは自民党員で米軍基地にも肯定的だった翁長雄志沖縄県知事が、現在のように反動的になった理由はなんですか?

閲覧数:
59
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tempoo1951さん

2016/1/914:11:17

週刊文春(2015年5/17 14号)の報道によれば、

保守色の強かった翁長氏が変節したのは、

オスプレイ配備が決まった2011年頃からだそうです。
http://japan-plus.net/487/

日本政策協会理事長の遠藤健太郎氏は

翁長氏と反翁長グループとの間で、土建業者の利権を

巡り、激しい利権争いがあったため

対抗上、普天間移設で反対に転じたと語ります。
https://www.youtube.com/watch?v=OdB4tqcP3Iw

なお翁長知事の正体についてまとめました。
http://gosoryu.seesaa.net/article/408548673.html

質問した人からのコメント

2016/1/10 20:14:21

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kirigirice3さん

2016/1/704:08:09

過去は過去、今は使命を担って今を生きているからです。穴を掘ってみるとわかりますが、大概の政治家はそういうものです。

sannnnpa24さん

2016/1/414:50:34

昔の自民党は沖縄の歴史もよく理解したうえで
沖縄の基地問題を考えていたが、最近の自民党は
あまりにも無知で、それにあきれて毅然として
立ち向かっているようです。
いつまで沖縄に一方的に押し付けるつもりかという
ことですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。