ここから本文です

コンピュータゲームとは何か?

sin********さん

2016/1/620:38:50

コンピュータゲームとは何か?

これを考えています。
原始的なゲームとして考えられるのはごくわずかの許された操作を組み合わせて課題を解決することだと考えてみました。

例えば原始的なゲームとしてポーカーを考えてみます。
ユーザーができることは何か?

カードを交換する。
これだけ。
一応相手の顔色を窺うとかありますが、純粋な本質としてはカードを交換する以外できない。

将棋やチェスはコマを動かすことしかできない。

ピンボールはピンをはじくことしかできない。
ブロック崩しは左右に動かすだけ。

これ等良く出来た原始的なゲームの本質はすくない可能な操作で多様な状況が生まれるところにあります。

しかし最近のゲームでは状況の表現力が上がったために、オンライン対戦で人同士の駆け引きや、ユーザーの思いもよらぬ操作の結果予想外の状況や場面がゲーム内に生まれて次元が変わってる気もします。

私はコンピュータゲームは簡単なものしか作ったことがないので、ゲームの本質とは何か考え付きません。

コンピュータゲームの本質とはなにか。
どなたか考えをご提示ください。

特にオンラインゲームにおいて最近の革新について考えがあればご提示いただけたらと思います。

閲覧数:
73
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cia********さん

2016/1/1101:18:39

まず指摘したい所として、古来よりあるゲームが単純な操作で、デジタルな現代のゲームが複雑な操作であり、次元が違うという考えについて。

これはルールの拡張、プレイヤーのゲームに対する影響の幅という観点からは、操作できる事象は増えてはいますが、その操作が招く結果は今も昔も変わりありません。

もう少し突っ込めば、例えば将棋では、駒を動かす以外にも扇子で扇いでみたり、突然退席したり、表情を変えたり、汗をぬぐったり、こういった行動はゲームの操作とは違いますが、対戦相手に影響を及ぼす行動です。プレイヤーに影響があれば操作に影響があり、操作に影響があればゲーム進行にも影響があります。

この点を一気に飛躍して、オンラインゲームと比較しても、やはりプレイヤーがプレイヤーに与える影響は、直接的にせよ間接的にせよ、結果として操作、ひいてはゲーム進行に影響を与えています。

ユーザーが出来る事。その視点を変えて、オンラインゲームをする人が画面を前にしてどう行動しているかも含めた操作という概念が大切かと思います。

とはいえ、コンピュータゲームの本質という質問の参考に、これを挙げる必要もなさそうです。

なぜなら、コンピュータゲーム、いわゆる最近のデジタル環境での遊戯全般というのは、そのルール・表現・規模の拡張の基盤となっている物が存在し、それが昔からあるゲームですし、その昔からあるゲームの周辺も巻き込んで具体的に表しているのが現状と言えるからです。

では昔からあるゲームの進化の過程はどうだったのでしょうか?

ゴルフは、羊飼いがウサギの巣穴に棒で石を飛ばして入れるのが起源で、何故か紳士のスポーツへと変貌しました。将棋は武士の戦を模した作りですが、武士以外でも遊べます。ゴルフでは厳格なルールが、将棋では擬人化というかキャラクター化がゲームへの転化を促し、広く「これはゲームだ」と認識されました。

ここには、周辺も巻き込んだ環境表現があり、アクセントとしてデフォルメ化され提供するという進化があると見ていいでしょう。

例えば、王将と書いてあるから一番偉いと解るだけでなく、王将だからこそ強力な部下を持っているという事は、角や飛車がケタ違いに歩よりも強いという「設定」に説得力が出てきます。

ここでまた飛躍して比較しましょう。オンラインゲームです。

デジタル環境の最大の強みは、従来よりも拡張現実を進めて構成できる点です。野球を古い手法で表現するには動きが多すぎます。フライのボールを外野が取れたのか?取れなかったのか?将棋の基盤のようなもので表現するのは難しい。文字で書くか、カードとして別で提供するか、いろいろ試されたでしょうが、ビデオゲームのベースボールでは画面にキャラクターを描写して取らせるという表現が実現できました。

対戦ゲームひとつにしても、それは進化し続けます。最初はパンチとキックボタンだけだった物が大中小と拡張されたり、連打や組み合わせで技が出たり。更にオンラインが可能になれば、こういった拡張をオンラインに最適化し、1対1だったものが100人で入り乱れる事に対応させる作業となった訳です。

野球と同様、忘れてはいけないのは、やはりパンチとキックが表現できなかった世代の対戦ゲームがあり、シームレスに続いてきたという事です。

本質的にゲームは、より面白い発想が採用されてきました。それは、よりリアルに!だったり、より驚愕の!より複雑な!という様に、何かしら周囲を取り込み要素に取り入れて表現が進んだだけとも言えます。つまり、ルーツがあり、それは本質的に変わってはいません。

次元が違うという感じは、次世代のVR技術やクラウドベースのラグがないゲーム環境が実現されれば、また新しく感じるものです。

そこで追及されるのは、常にプレイヤーへの影響です。
ゲームの本質とは、人の好奇心や興味に資する事が大前提としてある。ということですね。

これはエロゲーだろうと、猟奇的なゲームだろうと変わりありませんが、プレイヤーが納得できる物でなくてはいけません。ポーカーやブラックジャックのゲームがありますが、リアルマネーを使える方がよりリアルと言えるけど、悔しさと金銭トラブルまでリアルになってしまい、それを疑似表現はできません。できたら凄いですけど(笑

逆に、キャラ描写や、やってる感のための手の表現などはウケが悪く、今だにカードのみの描写が多いですよね?そこは別にいいやで通ってしまっています。不思議な物で、必要とされている物だけを取り入れ、必要とされていない物をしっかり分けたゲームは人気が出るし続くのです。

本質を読み間違えるとクソゲーになる。その説明にもなるのではないでしょうか。
よし、上手くまとまった。

長文失礼。

質問した人からのコメント

2016/1/11 16:08:27

素晴らしい解答ありがとうございます。
少し考えたのですがプロ棋士と素人が同じ盤面を見てもそこに見いだされる戦局(盤面の持つ意味)は全く違います。
同じ一手でもポーカーですら素人とプロでは意味が違うように、古いゲームでも表現される状況の奥深さの違いはあると思います。
野球を古いゲームでは表しにくかったという部分は成るほどと思いました。
他の部分も参考になります。
ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる